来院・入院の方

専門外来のご案内

腎移植外来


腎移植外来について

 腎不全が高度に進行した場合、腎臓の役割を肩代わりする治療(腎代替療法)が必要となります。腎代替療法は日本では90%以上が専門施設で行う施設血液透析で行われていますが、これは世界でも珍しく、世界では腹膜透析などの在宅型透析や腎移植が盛んに行われています。当科では施設血液透析は勿論のこと、在宅型透析としての腹膜透析や在宅血液透析も数多く導入している全国でも有数の施設であると同時に、内科が積極的に腎移植に関わっている数少ない施設の1つとなっています。腎代替療法が今後必要となる腎不全患者さんの多くが内科で管理されていることを考えれば、このように内科で腎代替療法の全てが行える環境を整えることは大学病院の使命と考えております。

 腎臓・高血圧内科では、腎泌尿器外科と協力し、腎移植の診療に携わっています。
 ご存じの通り日本では移植件数が圧倒的に少なく、特に内科医が移植に携わる機会が少ないことが指摘されています。しかし腎移植ドナーもレシピエントも術後急性期を過ぎた長期的な管理は、外科的合併症等を除くと基本的には通常のCKD診療と同様であり、腎生着率の向上や心血管疾患予防等を含む生命予後の観点からは内科的な細かい管理を行うことが望ましいとされています。そこで、我々内科も積極的に腎移植を診療し、内科、外科の垣根を越えて、協力し合いながら一緒に診療を行っています。

外来日について

 腎移植(生体腎移植・献腎移植)を行えるかどうかを精査する術前外来に加えて、移植術後の管理を行う術後外来、献腎移植登録後の患者さんの状態を管理・評価する献腎移植待機外来を開設しております。受診を希望される患者さんは遠慮なく、担当医師にご相談ください。

 術後外来:木曜日AM、土曜日AM

 術前外来・献腎移植待機外来:木曜日PM