来院・入院の方

専門外来のご案内

脳血管内治療専門外来


脳血管内治療専門外来

脳血管内治療とは、頭部や頚部の血管の病気を「カテーテル」という細いチューブを血管の中に入れて、「切らず」に治す治療法です。全ての病気をカテーテルで治療出来るわけではありませんが、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頚動脈狭窄症、硬膜動静脈瘻、急性期脳梗塞などの病気に対して、カテーテルで破れそうな血管をつめたり、狭くなった血管を拡げたりする治療法です。
外科手術と比べて、皮膚や頭蓋骨を切らず、脳にも触れないため患者さんにかかる負担が少なく済みます。そのため高齢者や全身状態の悪い患者さんでも治療を受けることが出来ます。しかし、手術に比べて治療の歴史が浅く、しっかりとした治療を行える専門医や設備を整えた病院が少ないのが現状です。
大切な点は、血管内治療は全ての患者さんに行うことが出来るわけではないことです。患者さんの体質や病気の特徴により、血管内治療に伴う危険性が高いと判断することもあります。外科手術の方が、安全かつ確実に治療できる場合も少なくありません。そのため、血管内治療と外科手術の両面から検討を行った上で、 患者さんに最適な治療を提供することを心がけています。脳ドックなどで脳動脈瘤や頸動脈狭窄を指摘された方、治療方法などで悩まれている方などいらっしゃいましたら、病気の特徴のご説明から治療方法など相談させて頂きますのでお気軽に受診ください。
外来では日本脳血管内治療学会の専門医が対応させて頂きます。ゆっくり時間をかけて、一緒に考えましょう。入院となった場合、原則的に最初に診察した医師が退院まで責任を持って対応させて頂きます。