来院・入院の方

専門外来のご案内

めまい外来


めまい外来について

めまいは、よくある疾患でありながらその原因は多岐にわたっており、多くの患者様が経験します。短期間で治るめまいから、長期にわたり治療を要するめまいもあります。めまいの原因は、我々耳鼻咽喉科医が専門とする耳の病気だけでなく、脳血管障害や脳腫瘍、小脳障害などから起こる中枢性めまいや、起立性調節障害(立ちくらみ)、不整脈、薬剤性、心因性など多種多様です。また原因が複数ある症例も少なくありません。当科では、豊富な経験に基づき診断・加療に取り組んでいます。  良性発作性頭位めまい症は原因の一つでもっとも頻度の高い病気です。この病気は、三半規管内に入り込んだ小さい耳石のかけらが原因で、頭を動かすと回転性のめまいを起こします。特殊な眼鏡を装用し眼球運動を観察することで診断し、治療は運動療法が有効です。  また、めまい発作を反復するメニエール病があります。内耳に水ぶくれを起こすことでめまいや、難聴、耳鳴を起こすことが知られています。診断には、眼振検査や、聴力検査に加え、重力を感知する耳石器の機能検査が有用です。さらに、特殊な造影MRI検査を行うことで、診断を確実にすることが近年報告されています。治療は、日常生活の改善指導や、投薬治療、外科治療など様々ですが、我々の施設では多様な治療を選択できます。  また、片方の前庭機能(平衡機能)が低下もしくは、両側の前庭機能が低下することで、ふらつきやめまいを引き起こす病気があります。眼振検査や耳石器機能検査に加えて、カロリック検査や、Video-Head Impulse Test(v-HIT)という検査を用いて診断することが可能です。カロリック検査は、耳に水を入れてめまいを誘発し、小脳の働きや左右の内耳機能を比較することで診断します。この検査では、外側半規管という一つの半規管のみしか調べることが出来ませんでしたが。vHIT検査は、ハイスピードカメラ付きゴーグルとPCのみで、三つすべての半規管の機能を調べることができます。これら検査を駆使し、適切なリハビリテーションなども指導します。  当科では、年間400例近くのめまい患者様をご紹介いただいております。今後も、適切な診断・治療を提供できるよう努めてまいりますので、いつでもご相談ください。