来院・入院の方

専門外来のご案内

児童思春期専門外来


当院、神経精神科では、最近急増する発達障害症例や、児童思春期のこころの問題に対応するため、児童思春期外来を2017年9月より開設します。原則15歳以下の児童思春期期の発達障害を中心に診療を致しますが、その他の児童思春期に好発する疾患および病態についても可能な範囲で対応します。特任教授 小野 和哉、准教授 安藤 久美子、助教 島内 智子 3名の専門医が担当し、火曜午前、水曜午後、金曜午前に神経精神科外来にて診療を行います。診療ご希望の患者さんは、診療申し込み手順によりご予約を頂ければ幸いです。

治療の主に対象となる疾患
注意欠如多動性障害(ADHD) 自閉スペクトラム症 学習障害  チック症 小児心身症 等

対象となる病態(状態像)
不登校 反抗傾向 かんしゃく 情緒不安定 抑うつ 不眠 過眠 自傷

受診までの手順

現在診療の完全予約制度を行っています。当院の児童思春期外来を受診するには以下の手順によって予約を行って下さい。


【ステップ1】 まず地域の医療機関を受診してください。
地域の小児科、児童精神科、児童思春期外来等のある病院を受診し、当院への診療情報提供書を作成頂いて下さい。


【ステップ2】 次に以下の書類を当院へ郵送してください。
1.当院宛ての「診療情報提供書」(医師作成の紹介状)
※医師作成のものを、未開封のままでお願いします。
2.「児童・思春期精神科外来診察問診票」(患者さん・ご家族が記入)
問診票のダウンロードはこちら
 ⇒問診票(PDF)
 ⇒問診票(WORD)

※問診票様式は上記からダウンロード可能です。プリンターをお持ちでない方は、メディカルサポートセンター(病院代表から)へご請求いただければ、様式を郵送・FAXいたします。
(受付は、平日9:00~17:00及び土曜9:00~12:30)


【ステップ3】 診療予約をします。
ご送付いただいた内容を検討し、緊急度、必要性、当院で治療可能な病態であることを確認し、こちらから予め日時を定めたご診療予約票をお送りします。慎重に検討の結果、当院での対応が困難である事例については、その旨を文書にて、患者さん並びに診療情報提供書を頂いた医療機関にご連絡させて頂きます。診療予約票が届きましたら、指定の診療日時にご都合が付かない場合、メディカルサポートセンターにご連絡頂き、予約日と時間をご相談ください。


【ステップ4】 初診日には以下のことにご留意ください。
原則、ご本人とご家族同伴(本人を養育されている中心となる方1名以上)でご来院ください。「健康保険証」「(お持ちの方のみ)医療券・医療証」また、できましたら「心理検査結果」(他院で行われた心理検査の結果がある場合)、母子健康手帳をご持参ください。本人のみ、家族のみの初診は受け付けておりません。


ご注意:緊急対応について
専門医は常勤ですが、外来診療日以外には緊急対応は困難です。できる限り、水曜日および金曜日の診療日にお問い合わせください。


児童思春期外来受診希望の患者様へ

<心理検査について>
●当院児童思春期外来では、受診して頂いた患者様に対し、診断補助や状態把握、今後の治療方針の検討などを目的に心理検査を実施しています。ただし、予約が混みあっており、現在1~3ヵ月先までお待ち頂く状況となっております。
●画像検査・脳波検査のみをご希望であれば比較的スムーズに予約が可能です。
●また当院では、心理検査のみご希望される方のご依頼はご遠慮いただいております。
●心理検査を予約された方で、予約日に都合がつかなくなりキャンセルされる場合は、遅くとも 1 週間前までに神経精神科外来までご連絡をお願い致します(病院の予約センターでは変更不可です)。
●やむを得ず直前や当日のキャンセルの場合も、必ず神経精神科外来までご連絡をお願い致します。
●改めて心理検査の予約を希望する場合は、次回診察時にその旨を主治医にお伝え頂き、再度予約をお取りください。
《連絡先》 044-977-8111(病院代表)→電話交換を経由して神経精神科外来にご連絡下さい。

<心理カウンセリングについて>
●現在の当院児童思春期専門外来は、トリアージ及び薬物治療が主な機能となっております。その為、ご本人・ご家族への継続的な心理カウンセリングは行っておりません。
●継続的な心理カウンセリングをご希望の場合は、対応可能な機関をご紹介する方向で対応させて頂きます。

<ペアレント・トレーニングについて>
●当院児童思春期専門外来では、子どもへの対応に難しさを感じているお母さんやお父さんを対象に子育てスキルをスモールステップで学んでいくプログラム「ペアレント・トレーニング」を実施しています。
●1 クール 9 回(隔週)となっており、金曜日 10 時 30 分~12 時に開催しています。
●対象は小学 4 年生までの ADHD のお子様を持つ親御様で、全ての回に参加できる方を対象としています。ご希望の方は、まず当院児童思春期専門外来をご受診頂き、ペアレント・トレーニングご希望の旨を主治医にご相談下さい。なお、当院児童思春期外来をご受診頂く際には、紹介状が必要となりますのでご了承下さい。

児童思春期外来からのお知らせ

Chao通信
当専門外来では、児童思春期のお子様をお持ちのご家族にお役立ていただけるよう、情報の発信や共有を目的として、不定期に小冊子を発行しております。
外来受診の際の待ち時間や、ご自宅での隙間時間にお読みいただけるよう、普段は専門外来の診察室前に置いてあり、ご自由にお持ちいただいております。
過去に発行されたものは、こちらからご覧いただけます。

Vol.1 大人のストレス・子どものストレス ー親子のストレスを和らげるために今できること
Vol.2 コロナが教えてくれたこと ~児童精神科医からのメッセージ~
Vol.3 こころのケアの視点で考える「コロナ世代」の子どもたち
Vol.4 新型コロナでこどもの摂食障害が増えている?
Vol.5 新型コロナで子どものゲーム依存が増えている?

 

(2021 年 3 月更新)