来院・入院の方

専門外来のご案内

小児脳神経外科外来


小児脳神経外科について

子どもの脳神経外科疾患は極めて多岐に渡りますが多く頻度は必ずしも高くありません。そのため一般病院では若い医療スタッフが十分な経験が積めない事が問題になっています。大人の治療と異なり、疾患の治癒にとどまらず脳脊髄の発達や治癒力を援助することが大切です。当院ではこどもセンターを開設しており、複数科の小児専門医が治療に参画しています。大人での豊富な治療経験を子どもの治療に生かしています。出生前から産婦人科医及び新生児科医と共に安全かつスムーズな周産期管理、新生児管理を行っています。小児虐待(身体的、ネグレクトなど)に対しても当院の誇るCAP(子どもへの暴力防止)チームと共に子どもの安全・安心な暮らしを守るよう努めております。


対象疾患

二分脊椎、くも膜のう胞などの先天性疾患、水頭症、脳腫瘍(神経皮膚症候群を含む)、もやもや病、脳動静脈奇形などの血管障害、外傷など広く取り扱っていおります。

治療

お子さんの負担をできるだけ減らしつつ、治療に結びつく診断を行います。一人ひとりのお子さんに合わせた最善の治療を提供します。しかし時に高難度の治療、複数回の手術や再手術を要することもあります。予測困難なことや不都合なこと、現時点では答えが出せないことなど生じることもあります。お子さんやご家族と疾患や治療についての情報を共有し、「子どもの成長する力」を信じて、ご家族とともに「子どもが病気に負けない」お手伝いをさせて頂きます。

外来診察日
 水曜日午後(14時から)

予約方法
紹介元医療機関よりご予約下さい

担当医
 髙砂浩史 脳神経外科学会指導医、日本小児神経外科学会認定医