来院・入院の方

専門外来のご案内

陽子線治療相談外来・アイソトープ治療外来

陽子線治療とは

1.陽子線治療は身体にやさしいがん治療
・陽子線治療は放射線治療の一部です。従来の放射線は光子と言われる軽い粒子を使っていました。陽子線はこれより重い陽子と言われる粒子を使っています。
・加速した粒子線は、止まる直前にエネルギーを一気に放出します。この位置や幅は正確に制御することができます。
・このピークよりも深くにある正常組織へのダメージはほとんどないので、身体にやさしいがん治療とも言えます。


2.治療回数と治療期間(目安)
陽子線治療の適応になる疾患と治療に要する期間を示します。
頭蓋底 26~28回 ~5.6週間
頭頸部がん 18~20回 4~5週間
肺がん 10~40回 2~8週間
肝がん 10~38回 2~7.6週間
腎がん 20回 4週間
膵がん 25回 5週間
前立腺がん 28回 5.5週間
直腸がん術後再発 37回 7.4週間
骨腫瘍(特に骨盤・脊椎) 32回 6.4週間
軟部組織腫瘍 32回 6.4週間



3.陽子線治療の具体性
膵臓がんの陽子線治療での全生存率

手術のできない膵臓がんは多くの場合、1年以内になくなることが多いのですが、陽子線治療では約20%の人が3年以上の生存を得ています。






4.予約や治療法、費用など詳細について、一度お問い合わせください

予約や治療法、費用など詳細について、一度お問い合わせください。

治療施設相談窓口
メディポリス国際陽子線治療センター
陽子線相談窓口 電話番号:0120-804-881
http://medipolis-ptrc.org/

当院窓口
聖マリアンナ医科大学 陽子線治療・先端腫瘍画像研究部門
陽子線相談窓口 電話番号:044-977-0611