キービジュアル

遺伝診療部

遺伝診療部

ご挨拶

ヒトの遺伝情報の解明がすすみ、疾患の診断や治療法の選択、発症リスクの予測に遺伝情報を利用することが増えてまいりました。当診療部では、全診療科横断的な協力体制のもと、臓器別あるいは診療領域に分かれた各診療科と連携して、臨床における遺伝学的な問題について取り扱います。小児、成人の遺伝性難病、周産期にかかわる問題、あるいは遺伝性腫瘍といった情報の提供や遺伝学的アプローチについて話し合い、その決断のお手伝いをします。遺伝にかかわる心配や疑問のある方、遺伝にかかわる問題かわからないが、その可能性を知りたいという疑問にも可能な限りお答えします。
遺伝情報は通常の医学的検査とは異なる特徴をもちます。疾患の治療や症状の予測のため遺伝学的検査の実施を希望される方や遺伝性疾患の詳しい説明を希望される方、現在ご自身は健康であるもののご家族に遺伝性疾患があり、ご自身やお子さんが同じ疾患にかかるかどうかと不安に感じる方などの遺伝カウンセリングにも応じております。幅広い問題に対応する体制を整えておりますので、もしも必要がございましたらお声かけ、あるいはお立ちよりください。

なお、医学的・遺伝的な内容の理解をサポートし、必要のある場合には、倫理的問題について十分な配慮をした上で、各種遺伝学的検査が行えるように致します。数多くの遺伝学的検査が保険適応となっておりますが、依然として遺伝学的検査の多くは、研究機関が行う遺伝解析研究、検査会社が提供する自費での遺伝学的検査となることがあります。

親子鑑定など法的な判断の必要な検査は実施しておりません。

津川 浩一郎(教授)

部長

津川 浩一郎(教授)

業務の案内

当診療部では、遺伝についてのご相談や診療に幅広くお答えするべく、外来を開設しています。外来に来られた方のニーズに合わせた情報提供や問題の抽出を一緒に行い、各診療科と連携した遺伝診療を展開しております。医療機関で「遺伝性疾患」「遺伝病」あるいは「染色体異常」などと言われ詳しい説明や検査の実施を希望される方、ご家族に遺伝性疾患の指摘を受けご自身やわが子について不安を感じておられる方の相談に応じます。
必ずしも検査や診断を目的とするわけではありませんが、遺伝性腫瘍にかかわる遺伝子検査、診断的意義のある遺伝学的検査、また妊婦健診での異常や心配事についても相談をうけつけております。

遺伝カウンセリング

遺伝性疾患への不安や悩みを抱える方のお心待ちを伺い、医学的・遺伝的な情報を整理し理解をサポートいたします。また、倫理的問題について十分な配慮をした上で、必要のある場合には各種遺伝学的検査が行えるようにします。遺伝学的検査は、保険医療で行えるものは一部に限られるため、研究助成を受け研究機関が行う遺伝解析研究や、自費での国内外の検査会社が提供する遺伝学的検査の実施となることが多くなります。プライバシーの保たれたお部屋で、時間をかけてお話を伺います。

先天疾患の診療支援・フォローアップ

さまざまな疾患で遺伝的な要素が関与することが明らかになっています。診断には保険診療の範囲で遺伝学的検査をすることも増えてきました。検査前後のサポート、検査結果の解釈の支援、あるいは先天疾患のフォローアップの診療を行っております。

受付方法

原則は、院内からの診療依頼とさせていただいております。担当医にご相談ください。
院外からの受付はこちらをご覧ください。

カウンセリング費用

主として、自費でのカウンセリングとなります。

  • 初診 10,000円(税別)
  • 再診 3,000円(税別)
診療日
  • 月曜日(午前・午後)
  • 木曜日(午前・午後)
  • 金曜日(午前)
担当
氏名 専門領域 資格
本吉 愛 乳腺・内分泌外科、家族性腫瘍、遺伝カウンセリング 外科専門医、乳腺専門医、遺伝性腫瘍専門医、臨床遺伝専門医
鈴木 由妃 産婦人科、生殖、遺伝カウンセリング 産婦人科専門医、臨床遺伝専門医、生殖医療専門医
久我 亜沙美
右田 王介
(非常勤)
小児科、遺伝カウンセリング 小児科学会専門医、臨床遺伝専門医

主な手術および検査件数

項目(件) 2020年 2019年 2018年
遺伝カウンセリング(自費) 155 128 64
遺伝学的検査(保険) 194 58 32
遺伝学的検査(自費) 60 55 25
選択的新生児スクリーニング(自費) 446 436 390

一覧に戻る

診療科・部門のご案内