来院・入院の方

聖マリアンナのチーム医療

褥瘡回診チーム


褥瘡回診チームとは

褥瘡委員会委員により構成された多職種メンバーで、チーム医療の一環として、褥瘡保有者に対する予防・治療・評価および実践指導を行っています。
また、褥瘡対策に関する医療の質の向上を図り、褥瘡発生予防・早期治癒を目指して活動しています。


構成メンバー

医師(皮膚科、形成外科)、皮膚・排泄ケア認定看護師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、医療事務


活動内容

■褥瘡回診
週1回、構成メンバーでラウンドし、褥瘡保有者に対する治療・評価および実践指導を行っています。
各セクションより依頼のあった褥瘡保有者の褥瘡処置・ケア方法・栄養評価・薬剤の検討・ポジショニングなど、多職種が連携し、より良いケアの提供とスタッフ支援を行っています。


褥瘡回診



多職種カンファレンス


■褥瘡予防ラウンド
褥瘡回診と並行して『褥瘡予防ラウンド』を実施しています。
褥瘡回診メンバー看護師(褥瘡相談員)が全セクションの褥瘡発生リスクの高い患者をラウンドし、褥瘡予防ケア・褥瘡ケア・スキンケア・体圧分散寝具の管理、医療関連機器圧迫創傷予防ケアなどをサポートしています。


教育活動

・褥瘡に対する知識・技術の向上のため、褥瘡職員研修やスキンケアリンクナース学習会を、年数回、現場で即実践できるようなテーマで開催しています。(「褥瘡のリスクアセスメント」「褥瘡の見分け方」「ポジショニング」「軟膏と被覆材」「褥瘡Q&A」など)
・『褥瘡回診ニュース』、『褥瘡予防ラウンドニュース』も毎月発行しています。


褥瘡職員研修