当院について

当院における「説明と同意」

  1. 医療を進めるために
    診療に際しては、患者に十分説明し、理解していただき、同意を得られるよう努めます。ただし、小児等理解が困難と判断される場合、あるいは説明が本人にとって有害と判断される場合には、近親者、後見人に十分説明して理解および同意を得るよう努めます。

  2. 説明を受けるために
    患者は病状について、十分かつ理解しやすい説明を受ける権利があります。医師は、患者あるいはその代理人に対し、病状、診療計画、治療内容、検査結果などを適宜説明します。

  3. 家族あるいは親族同席のもとで
    重要な説明には、患者の信頼する家族あるいは親族の同席を、患者の承諾のもとに依頼します。

  4. 診療行為の目的や意義について
    診療行為、とくにリスクを伴う行為を実施する場合、病状の説明に加えて当該診療が必要な理由、診療の具体的内容、予想される身体障害と合併症、実施しない場合に予想される結果、他の手段とその利害得失、実施後の一般的経過などを説明し、同意を得ます。

  5. 理解しやすい説明
    重要な説明は、できるかぎり説明文書を予め渡し、患者が説明文書中の不明点、疑問点を前もって確認できるようにして、理解の向上を図ります。
    重要な説明では、説明中の節目ごとに、または説明終了時に理解できたかどうか確認し、質問を受けます。また説明はプライバシーに配慮した場所で行い、心理的ストレスにも配慮します。

  6. 説明と同意に関する記録について
    説明の内容と同意の取得について、必ず記録を残します。
    ただし、緊急事態では事前の説明と同意を省略することがあります。
    同意書への署名に際しては、家族あるいは親族などと十分相談できるよう配慮します。同意書に署名を求める場合は、他の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)を聞くことが可能であること、またその際には必要な資料を提供することを伝えます。