キービジュアル

精神療法・ストレスケアセンター

精神療法・ストレスケアセンター

ご挨拶

21世紀の医療は、治療の質だけでなく、全人的医療の質の向上が大切であると言われております。その中で、聖マリアンナ医科大学精神療法・ストレスケアセンターは、精神療法を通して医療の質の向上に寄与すべく、治療・研究・教育をシステマティックに行うセンターとして、日本で初めて昭和59年8月から開設されました。
現在では、神経精神科領域だけでなく、小児科や児童思春期外来における心理検査やカウンセリング、NICUにおける心理的サポート、腫瘍緩和ケア、循環器内科におけるペースメーカ導入後のストレスケアなど、各診療科の治療を支え、医療の質の向上に貢献すべく活動しております。
また、センター主催の特別講義を企画し、各種精神療法の教育・研修を行っているほか、症例検討会なども開催し、より良い治療を提供できるようスキルアップにも努めております。これらの活動を通し、学内外における臨床的実践の研修と学術的交流の発展にも寄与しております。

鈴木 直(教授)

センター長

中川 敦夫

業務の案内

受付方法

  1. 心理検査・カウンセリング
    心理検査は、主治医からの依頼に応じて実施します。カウンセリングも主治医の依頼により、当センターのスタッフによるインテーク面接で適応を検討し、導入されます。担当は主に臨床心理士、費用は自費となります。なおカウンセリングは、混み具合等により他機関を紹介させて頂く場合もあります。ご希望の場合はまず主治医にご相談ください。
  2. 診療
    当センターの診療は、聖マリアンナ医科大学病院の神経精神科外来における一般診療の中で行っておりますので、まずは神経精神科外来を受診してください。他の医療機関におかかりの場合は、診療情報提供書をご持参ください。
  3. 教育・研修プログラム
    院内スタッフや、関連の医療従事者を対象に、毎年「精神療法センター特別講義」を企画し、実施しております。(令和2年度は計画中)。
  4. 研究
    精神療法の技法や、各種精神障害の心理検査上の特徴などについて、スタッフそれぞれが専門とする領域で、自由に学内外で連携して研究を進めております。その成果は、精神分析学会、ロールシャッハ学会、心理臨床学会、精神神経学会をはじめ、学内外での学会・研究会で発表しています。

受付時間

聖マリアンナ医科大学病院一般外来と同じです。

担当科

神経精神科

施設・機器の紹介

下記の通り様々な心理検査が必要に応じ行われます。
知能検査(WAIS-Ⅲ、Kohs立方体、JARTほか)、人格検査(ロールシャッハテスト、SCT、TPI、風景構成法、バウムテスト、P-Fstudyほか)、神経心理学検査(HDS-R、MMSE、COGNISTAT、RBMT、WCST、FAB、WMS-R、STM-COMETほか)

担当表

心理カウンセリング…臨床心理士
月~金曜 9時~17時

一覧に戻る

診療科・部門のご案内