キービジュアル

看護師特定行為研修センター

看護師特定行為研修センター

ご挨拶

聖マリアンナ医科大学病院では2020年に厚生労働省より特定行為研修指定研修機関の指定を受け、特定行為ができる看護師の教育に取り組んでいます。

当センターは研修の領域別パッケージ化が進む中でも21区分38行為の全ての特定行為の習得が必要と考え、1年をかけて研修を提供しています。特に臨床推論する力の習得と看護マネジメント力に主眼をおき、医師とチーム医療(cure)ができる看護の心を持った(care)特定看護師を育成することを特徴としています。修了後は診療科の指導医の下、診療看護師とペアを組みながら特定行為の臨床推論力・意思決定力を磨くために更に2年間の臨床研修制度を整えております。今後は川崎市、神奈川県の病院および地域で活躍できる特定看護師の育成を目指しております。

藤谷 茂樹(教授)

センター長

藤谷 茂樹(教授)

聖マリアンナ医科大学病院における
看護師特定行為研修の取り組み

2025年の高齢化の進展を見据え、チーム医療を推進することを目的に2015年10月1日から保健師助産師看護師法の一部が改正され、看護師の特定行為に係る研修制度が施行されました。 当院においても、より質の高い急性期医療を提供していくためには「チーム医療」のキーパーソンである看護師が患者並びに医師その他医療関係者から期待される役割を自覚し、急性期医療または地域医療現場において高度な臨床実践能力を発揮していく必要があります。そのためには、患者の病状を的確に判断し、状態や状況に応じて速やかに医療処置の実施の有無を判断するアセスメント能力と医療処置管理能力が求められます。このような実践ができる看護師の養成には38行為全ての学習を基盤とした臨床推論能力が必要と考え21区分38行為の全ての研修に取り組んでいます。

教育理念

看護の専門性を基盤に、21区分38の行為の学びを駆使し、急性期におけるチーム医療を自律的・主体的・協働的に実践できる看護師を育成する。
当院においても、より質の高い急性期医療を提供していくためには「チーム医療」のキーパーソンである看護師が患者並びに医師その他医療関係者から期待される役割を自覚し、急性期医療または地域医療現場において高度な臨床実践能力を発揮していく必要があります。そのためには、患者の病状を的確に判断し、状態や状況に応じて速やかに医療処置の実施の有無を判断するアセスメント能力と医療処置管理能力が求められます。このような実践ができる看護師の養成には38行為全ての学習を基盤とした臨床推論能力が必要と考え21区分38行為の全ての研修に取り組んでいます。

教育目的

特定行為を行う看護師に求められる責務を遂行するために高度かつ専門的な知識および技術・態度を修得する。

教育目的

  1. 診療看護師・特定行為研修教育の実績をもつ指導医による指導
  2. 看護師の特定行為研修に係る豊富な人材による指導体制
  3. 大学病院のもつ整備された教育環境
  4. 診療看護師による実践的な教育指導
  5. 症例数のある大学病院および関連施設での実習

期待される能力

期待される能力

研修内容

  • 期間:1年間
  • 定員:5名
研修区分 21区分 38行為
研修科目 共通科目(6科目) 区分別科目(21区分 38行為)
研修時間 315時間 430時間+各行為5事例)

看護師特定行為研修センター研修年間進度

看護師特定行為研修センター研修年間進度

看護師特定行為研修センター学習進度

学習のサポート体制

  1. e-ラーニング・演習学習後、さらに理解度の確認、学び方について診療看護師によるタイムリーな助言・指導を行います。
  2. 臨床経験・教育経験豊かな医師による実践的な対面による演習指導を行います。
  3. 実習期間は、指導医の指導のもと、手厚い具体的かつ実践的な指導を行います。
  4. Wi-Fiなどネット環境のある学習環境を提供します。
  5. メンタルヘルスケア相談窓口として、臨床心理士によるメンタルサポートが受けられます。

研修計画・実施方針

  1. e-学習の順序性を考慮した学習進度
    研修生にとって効果的な学習となるよう、共通科目では身体領域別の学習進度としています。また、区分別科目でも一連の流れや思考に基づいた手技のトレーニング・学習経験ができる進度としています。
  2. 主体的で能動的な学習への転換
    講義内容への質問および添削指導において、主体的で能動的な学習への転換となるよう指導者および指導補助者から学べる機会を提供します。
  3. 特定行為を実践するための頭脳づくり
    21区分38の特定行為を習得するためには、その基礎となる臨床推論力、フィジカルアセスメントが重要となります。症例検討を繰り返し行い、指導者からの助言を受けることで、特定行為を実践するための基礎的な知識を深める内容とします。
  4. 専門性を持つ指導者からの直接的な学びの実現
    各専門性をもった経験豊かな医師が指導します。また、流動的な時間割とすることで医師からの直接的な助言を受けられるよう計画します。
  5. 特定行為実習における指導体制と場の提供
    各診療科の医師・診療看護師につきながら、細やかな助言・指導が受けられる指導体制としています。また、特定行為の症例経験が積めるよう大学病院および関連施設 による実習場所を提供します。

研修の様子

研修の様子

  • 演習の様子

    ◇共通科目 演習の様子

  • 通しの診察の実習

    ◇共通科目 通しの診察の実習

  • 侵襲的陽圧換気の設定の変更

    ■行為2 侵襲的陽圧換気の設定の変更

  • 呼吸器関連の実習

    ■行為6 呼吸器関連の実習

  • 心嚢ドレーン抜去

    ■行為11 心嚢ドレーン抜去

  • PICC

    ■行為18 PICC

  • PICC

    ■行為18 PICC

  • 直接動脈穿刺法による採血

    ■行為22 直接動脈穿刺法による採血

臨床研修制度

  1. 対象:看護師特定行為研修修了者(21区分38行為)
  2. 期間:2年間
  3. 体制:各診療科医師の指導の下、診療看護師とペアを組む
  4. 内容:特定行為38行為の実施、症例を受け持ちながら臨床推論を学ぶ
  5. ローテーション方法
    1年目:希望する診療科と関連した科を3ヶ月ずつ4箇所まわる
    2年目:希望する診療科
    ※研修する診療科がない場合は、大学病院・西部病院・多摩病院での研修も可

募集要項

「2023年度 募集要項」につきましては、下記よりダウンロードください。

一覧に戻る

診療科・部門のご案内