キービジュアル

乳腺・内分泌外科

乳腺・内分泌外科

主病棟 新入院棟9階南
外来 病院本館3階
対応疾患 乳癌、乳腺疾患、甲状腺・副甲状腺疾患

ご挨拶

私たちのホームページへようこそ。ご覧いただき感謝します。
私たち聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科は、乳癌、甲状腺癌などの悪性疾患を中心に乳腺疾患、甲状腺・副甲状腺疾患を診療しています。
大学の教室としては、大学病院、ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック、川崎市立多摩病院、横浜市西部病院に人員を配し、地域医療への貢献、研修医・若手医師の教育、研究に大きく力を入れております。大学においては、将来の外科医としての医学生の教育にも積極的に取り組んでいます。

津川 浩一郎(主任教授)

診療部長

津川 浩一郎(主任教授)

診療内容

乳腺疾患について

診療においては、精度の高い診断に基づく外科治療、放射線治療、薬物療法はもちろんのこと、整容性に優れた乳房再建、妊孕性温存、遺伝性乳癌の管理、QOLを重視した転移乳癌の治療、緩和ケアなど、他科と協力する集学的治療・ケアを行っています。患者さん一人一人にあった個別化医療を実践し、患者さんの高い満足度を目指しています。

内分泌外科について

内分泌外科領域では主に甲状腺・副甲状腺疾患の外科的治療を担当し、代謝・内分泌内科と協力しながら診療を行っております。副腎疾患は腎泌尿器外科、下垂体疾患は脳神経外科が担当しております。

対象疾患

乳癌、甲状腺癌、乳房良性腫瘍、甲状腺良性腫瘍、その他の乳腺疾患、副甲状腺疾患、その他の甲状腺、副甲状腺疾患

特殊検査・処置・入院・手術のご案内

名称 所要日数
(時間)
説明

超音波ガイド下

吸引式針生検

30分 吸引式の針生検装置を用いた組織診断。生検による侵襲を大幅に軽減。

ステレオガイド下

吸引式針生検

1時間 石灰化所見のみで腫瘤を触れない症例に対する検査。持続吸引式の針生検装置;マンモトームを用いた組織診断。生検による侵襲を大幅に軽減。
High Resolution MRI Mammography 1時間 高い精度の乳管内の評価が可能な診断方法。乳がんの広がり診断に用いる。

乳癌手術(乳房温存術+
センチネルリンパ節生検/
腋窩リンパ節郭清)

約4日間
(入院)
術前検査は、転移検索を含め外来で行います。手術前日の入院、術後は約2日で退院。後日病理結果等を検討し、治療計画を外来で説明。
乳癌手術(乳房切除術・温存術+
センチネルリンパ節生検/
腋窩リンパ節郭清)
約10日間
(入院)
術前検査は、転移検索を含め外来で行います。手術前日の入院、術後は約1週間で退院。後日病理結果等を検討し、治療計画を外来で説明。

乳癌手術+同時再建術+

センチネルリンパ節生検/
腋窩リンパ節郭清

約2週間
(入院)
術前検査は、外来で行います。手術前日の入院、術後は約2週間で退院。後日病理結果等を検討し治療計画を外来で説明。

甲状腺手術

(甲状腺癌、腺腫)・

片葉切除術

5日間
(入院)
術前検査は、CTなどの転移検索を含め外来で行います。手術前日の入院、術後は約3日間で退院。後日病理結果等を検討し治療計画を外来で説明。

甲状腺手術

(甲状腺癌、腺腫)・

全摘術

7日間
(入院)
術前検査は、CTなどの転移検索を含め外来で行います。手術前日の入院、術後は約5日間で退院。後日病理結果等を検討し治療計画を外来で説明。

副甲状腺手術

(原発性機能亢進症)

4日間
(入院)
原発性機能亢進症は、代謝・内分泌内科と共同で診療にあたることが多い。手術前日の入院、または当日の転科。術後は約3日間で退院可能。小切開手術を心がけている。
初診外来 再診外来 専門外来
午前 (交替制) ○津川浩一郎(再診のみ)
志茂新
田雜瑞穂
午後 ○津川浩一郎(再診のみ)
志茂新
田雜瑞穂
午前 (交替制) △小島康幸
太田智彦
敦賀智子
午後 △小島康幸
敦賀智子
午前 (交替制) 志茂新
黒田貴子
松尾益佳
午後 志茂新
黒田貴子
松尾益佳
午前 (交替制) △小島康幸
河原太[非]
午後 △小島康幸
河原太[非]
[甲状腺外科外来]
△西川徹(東外来)
午前 (交替制) 本吉愛
喜多島美奈
[甲状腺外科外来]
△西川徹
午後 本吉愛
喜多島美奈
[甲状腺外科外来]
△西川徹
午前

酒巻香織(1)

山田郁(3)

瀧下茉莉子(4)

午後

〇=部長、△=副部長、[非]=非常勤

都合により変更になる場合があります。

午後は原則再診のみ(予約制)

( )内の数字は第何週目かを示しています。

休診・代診のご案内

現在「休診・代診のご案内」はありません。

手術名・検査名 手術症例数
(2021年)
■全乳癌手術 907
 初発乳癌手術 838
 乳房温存術 377(45.0%)
 同時再建術 74
■良性乳腺疾患手術 87
■甲状腺・副甲状腺手術 71

治験

現在エントリー可能な治験、臨床試験

  1. KEYNOTE-B49(MSD株式会社)
    化学療法が適応となるホルモン受容体陽性・ヒト上皮成長因子受容体2陰性(HR+/HER2-)の切除不能な局所再発又は転移性乳癌患者を対象にMK-3475+化学療法をプラセボ+化学療法と比較する、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、第Ⅲ相試験
  2. MonarcHER (日本イーライリリー株式会社)
    リンパ節転移陽性、HR+、HER2+の再発高リスク早期乳癌に対して抗HER2療法による術後薬物療法を完了した患者を対象としたアベマシクリブと標準的な術後内分泌療法を併用した無作為化二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相試験
  3. DESTINY-Breast12(第一三共株式会社)
    ベースライン時に脳転移を伴う又は伴わない治療歴のあるHER2陽性の進行/転移性乳癌患者を対象とするトラスツズマブ デルクステカンの非盲検国際共同多施設共同後期第III/IV相試験
  4. DESTINY-Breast09(第一三共株式会社)
    HER2陽性の転移性乳癌に対する一次治療としてトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)の単剤投与またはT-DXdとペルツズマブの併用投与と、タキサン、トラスツズマブ、及びペルツズマブの併用療法を比較検討する第III相試験
  5. DESTINY-Breast06(第一三共株式会社)
    HER2低発現ホルモン受容体陽性の転移性乳癌に対する内分泌療法で病勢進行が認められた乳癌患者を対象としてトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)と医師選択化学療法を比較検討する多施設共同無作為化非盲検第III 相試験
  6. DESTINY-Breast11(第一三共株式会社)
    高リスクHER2陽性早期乳癌の患者を対象とする術前薬物療法としてトラスツズマブデルクステカン(T-DXd)単剤療法又はT-DXd後THP投与とddAC-THP投与を比較する第III相非盲検試験
  7. ZEST(武田薬品工業株式会社)
    根治的治療後の血中循環腫瘍由来DNA の存在に基づく分子的疾患を有する、HER2 陰性BRCA 変異陽性乳癌患者又はトリプルネガティブ乳癌患者を対象とした、ニラパリブの有効性及び安全性をプラセボと比較するランダム化第3 相二重盲検試験
  8. BO41843(中外製薬株式会社)
    エストロゲン受容体陽性HER2陰性の局所進行又は転移性乳癌患者を対象とした,GDC-9545 + パルボシクリブ併用療法の有効性及び安全性をレトロゾール + パルボシクリブ併用療法と比較評価するランダム化二重盲検プラセボ対照多施設共同第III相試験
  9. ONO-4578-06(小野薬品工業株式会社)
    転移又は再発の閉経後ホルモン受容体陽性HER2陰性乳がん患者を対象に、一次内分泌療法としてONO-4578及び標準治療であるレトロゾール及びCDK4/6阻害薬(パルボシクリブ又はアベマシクリブ)を併用する非盲検非対照第Ⅰ相試験

エントリー終了、試験継続中

  1. APHINITY(中外製薬株式会社)
    手術可能なHER2陽性原発性乳癌における術後療法としての化学療法+トラスツズマブ+プラセボと化学療法+トラスツズマブ+ペルツズマブのランダム化, 多施設共同, 二重盲検, プラセボ対照での比較試験
  2. OlympiA(アストラゼネカ)
    十分な局所性治療及び術前補助化学療法又は術後補助化学療法を終了した高リスク生殖細胞系BRCA1/2変異陽性HER2陰性原発乳癌患者に対する術後補助療法としてのオラパリブの有効性と安全性を評価する無作為化二重盲検並行群間比較プラセボ対照多施設共同第III相試験
  3. MONARCH2(日本イーライリリー株式会社)
    ホルモン受容体陽性HER2陰性の局所進行または転移性乳がん患者を対象としたフルベストラント単独またはCDK4/6阻害剤LY2835219との併用の無作為化二重盲検プラセボ対照第3相試験
  4. KEYNOTE-522(MSD株式会社)
    トリプルネガティブ乳癌患者を対象としたMK-3475(Pembrolizumab)の第Ⅲ相試験
  5. MONARCH E(日本イーライリリー株式会社)
    リンパ節転移陽性、ホルモン受容体陽性、HER2陰性の再発高リスク早期乳癌患者を対象としたアベマシクリブの第Ⅲ相試験
  6. DESTINY-Breast02(第一三共株式会社)
    T-DM1治療歴のあるHER2 陽性切除不能及び/又は転移性乳癌患者を対象として抗HER2 抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステカン(DS-8201a)を医師選択治療と比較検討する多施設共同無作為化非盲検実薬対照第III相試験

多施設共同臨床試験

  1. JBCRG-M06(EMERALD)
    HER2陽性進行・再発乳癌におけるトラスツズマブ、ペルツズマブ、タキサン併用療法とトラスツズマブ、ペルツズマブ、エリブリン併用療法を比較検討する第Ⅲ相臨床研究

エントリー終了

  1. 術前化学療法後乳がん症例に対するSLNBの標準化に関する研究(厚労省中村班)
  2. 超音波検査による術前化学療法効果予測の研究(JABTS03)
  3. 切除可能なHER2陽性乳癌に対する術前Docetaxel+Carboplatin+Trastuzumab(TCbH)療法の第Ⅱ相臨床試験(KBOG-1204試験)
  4. POTENT試験(Postoperative Therapy with Endocrine and TS-1)(CSPOR)エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳癌に対するS-1術後療法ランダム化比較第Ⅲ相試験
  5. JCOG1017(PRIM-BC)
    薬物療法非抵抗性StageIV乳癌に対する原発巣切除の意義(原発巣切除なしversusあり)に関するランダム化比較試験
  6. JBCRG-M05(PRECIOUS)
    HER2陽性の進行再発乳癌に対するペルツズマブ再投与の有用性を検証する第Ⅲ相臨床研究
  7. JCOG1204(INSPIRE)
    再発高リスク乳癌術後患者の標準的フォローアップとインテンシブフォローアップの比較第Ⅲ相試験
  8. RESQ
    HER2 陰性転移・再発乳癌患者を対象にエリブリンと S1 の health-related quality of life ( HRQoL )を比較するランダム化 第Ⅲ相試験
  9. POSITIVE
    妊娠を希望するホルモン療法感受性乳癌の若年女性における妊娠転帰及びホルモン療法中断の安全性を評価する試験
  10. アベマシクリブ関連薬剤性肺障害のネステッドケースコントロール研究
    Nested Case Control Study of Abemaciclib-Induced Interstitial Lung Disease (NOSIDE)

その他の研究

当科では、より良い医療を提供するために、以下のような後ろ向き検討による研究を行なっております。これらの研究では、当科を受診された方の臨床情報(病状や治療歴、画像所見、病理所見等)を匿名化し、個人が特定できない状態にしたうえで使用しております。得られた結果は、日常臨床へフィードバックし、学会発表や論文報告の形で公表しております。なお、ご自身の臨床情報の使用を希望されない場合は、当科までご連絡いただくか、担当医にお知らせください。また、以下の研究にご協力いただけない場合でも、診療上で不利益を被ることはありません。

研究課題名

  1. Low grade DCIS に対する術後放射線照射の有効性に関する後ろ向き検討
  2. 進行・再発乳癌に対するEriburinの使用状況についての後ろ向き検討
  3. 乳癌におけるPET/CT及びPEMの病変診断能に関する後ろ向き検討
  4. センチネルリンパ節転移陽性・非郭清乳癌の予後に関する後ろ向き研究
  5. 乳癌サバイバーにおけるがん生殖医療外来受診の実態と妊孕性温存の取り組みに関する実績評価と課題の検証
  6. 病理学的完全奏功(pCR)後に再発転移をきたした症例についての検討
  7. 乳癌術前化学療法におけるアブラキサンの有用性についての大規模統合解析
  8. 妊娠期乳癌患者の分娩転帰および予後に関するマッチドコホート研究(依頼者 聖路加)
  9. 進行・再発乳癌に対するEribulinの臨床的効果についての多施設での後ろ向き検討
  10. Webベース乳癌予後予測モデルの臨床的有用性の検討
  11. 非造影MRI検査(高解像度DWI)による乳癌の術前評価についての検討
  12. 当院における乳腺腺様嚢胞癌の臨床病理学的特徴
  13. 乳癌に対する乳頭乳輪温存乳房切除、皮膚温存乳房切除後の局所再発の検討
  14. 乳癌化学療法におけるdose-dense療法の安全性と治療効果についての検討
  15. ホルモン陽性転移再発乳癌に対してのパルボシクリブによる治療効果の検討
  16. 乳房手術省略の臨床試験対象者における乳房内再発ハイリスク群の同定

後ろ向き検討(過去の事象について調査する研究・検討)

患者さんの紹介やセカンドオピニオンのご相談は、当科オリジナルサイト をご覧ください。

診療予約システムでは、各医療機関の先生方から予め患者さんの情報をFAXにて頂きカルテを準備いたします。患者さんの来院日には受診される診療科へご案内いたします。

一覧に戻る

診療科・部門のご案内