診療科・部門等一覧

中央手術部

最終確認日:2017/8/1
ご挨拶

 専任の麻酔指導認定医や看護師・臨床工学技師などにより、手術室における手術手技、機器の運営を支えています。鏡視下手術、顕微鏡下手術の多方面への活用やテレビカメラの小型化、映像の鮮明化による生体現象の中央監視モニター、手術進行状態の把握、患者さんの感染防止や教材の作成といった利用範囲の拡大など、最新の技術情報を積極的に導入。医師・看護師・技術者をはじめとする各分野の先端知識と技能が集約される場として、より安全で高度な手術が行われています。また、院内で使用されている機器・設備の安全管理も担当。医師の卒前・卒後教育への貢献などを含めて、その役割はさらに拡大しています。

 更に近年、経カテーテル的大動脈弁置換術Trans Aortic Valve Replacement(TAVR)実施施設基準を満たしたハイブリッド手術室を改修設置し、2016年1月よりすでに100例のTAVRを施行、循環器内科・心臓血管外科・麻酔科・看護師・臨床工学士・放射線技師他によるハートチームが協力して安全で効率的な管理を行っています。

 また、勤務犬による動物介在療法の1つとして、勤務犬を同伴した手術室入室を行い、小児頻回手術患者などに良好な麻酔導入を得ています。

shinryoukyouryoku_06_01


中央手術部 診療科別手術件数(2017年度)
科名 件数
消化器・一般外科 925
呼吸器外科 244
心臓血管外科 436
乳腺・内分泌外科 852
脳神経外科 329
小児外科 350
形成外科 331
整形外科 1,220
腎泌尿器外科 531
産婦人科 804
耳鼻咽喉科 490
眼科 1,624
腎臓・高血圧内科 162
血液内科

0

循環器内科 257
消化器・肝臓内科

1

小児科 56
麻酔科

0

神経精神科 336
皮膚科 43
呼吸器内科 42
脳神経内科

0

放射線科

0