キービジュアル

リウマチ・膠原病・アレルギー内科

リウマチ・膠原病・アレルギー内科

主病棟 新入院棟11階西
外来 病院本館2階内科西

ご挨拶

近年のリウマチ・膠原病およびアレルギー性疾患における治療の進歩には目覚ましいものがあります。この先端医療を小児から高齢者まで、頻度の高い疾患から希少疾患まで、合併症のある方や妊娠希望のある方にも、個人に合うかたちで安全に届けるために、医局員一同注力しています。
そのために当科は従来の外来とともにリウマチ・膠原病生涯治療センターとして母性内科外来やリウマチ外科外来、小児リウマチ・移行期外来を、また希少疾患外来として再発性多発軟骨炎外来や遺伝性血管性浮腫外来を設けて様々なニーズに対応しています。

川畑 仁人(主任教授)

内科学(リウマチ・膠原病・アレルギー内科)

川畑 仁人(主任教授)

診療内容

当科はリウマチ・膠原病およびアレルギー疾患の診療を専門としています。近年、これらの領域における免疫状態の理解が進み、種々の新たな治療薬が使えるようになったことで、これまで治療の難しかったリウマチ膠原病およびアレルギー疾患は治療における新たな局面を迎えつつあります。
当科ではこれらの最新の知見と基礎医学・臨床医学の豊富な経験に基づき、適切な効果や副作用のモニタリング、予防、併存症のある方への治療、出産や妊娠などライフイベントに際した治療など、個々の患者さんに合わせた最適な医療を提供しています。

取り扱っている主な対象疾患

リウマチ・膠原病(成人)
  1. 関節リウマチ
  2. 全身性エリテマトーデス
  3. 多発性筋炎/皮膚筋炎
  4. 強皮症
  5. 混合性結合組織病
  6. 血管炎症候群
    • 高安動脈炎
    • 巨細胞性動脈炎
    • 結節性多発動脈炎
    • 顕微鏡的多発血管炎
    • 多発血管炎性肉芽腫症
    • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
  7. 成人型スチル病
  8. リウマチ性多発筋痛
  9. RS3PE症候群
  10. 乾癬性関節炎
  11. SAPHO症候群
  12. 強直性脊椎炎
  13. 再発性多発軟骨炎
  14. ベーチェット病
リウマチ・膠原病(小児)
  1. 若年性特発性関節炎
  2. 小児期発症全身性エリテマトーデス
  3. 若年性皮膚筋炎/多発筋炎
  4. 若年性強皮症
  5. 小児期発症混合性組織病
  6. 小児期発症血管炎症候群
    • 高安動脈炎
    • 結節性多発動脈炎
    • 顕微鏡的多発血管炎
    • 多発血管炎性肉芽腫症
    • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
  7. 全身型若年性特発性関節炎
  8. 小児乾癬性関節炎
  9. 慢性再発性多発性骨髄炎
  10. 若年性脊椎関節炎
  11. 小児再発性多発軟骨炎
  12. 小児ベーチェット病
  13. 自己炎症性疾患
    • 家族性地中海熱
    • 高IgD症候群
    • Muckle-Wells症候群
    • 家族性寒冷自己炎症症候群
    • 慢性乳児神経皮膚関節炎症候群
    • NLRC4-マクロファージ活性化症候群
    • TNF受容体関連周期性症候群
    • PAPA症候群
    • ブラウ症候群
    • PFAPA症候群 など
  14. 原発性免疫不全症候群
  15. 小児遺伝性血管性浮腫
  16. 小児炎症性腸疾患
アレルギー性疾患
  1. 気管支喘息
  2. 食物アレルギー
  3. 薬剤アレルギー(ワクチン関連を含む)
  4. アレルギー性鼻炎
  5. アナフィラキシー
  6. 遺伝性血管性浮腫(HAE)

専門外来

名称 受付の仕方 受付時間
再発性多発軟骨炎外来 木曜日(第1・3のみ)
母性内科外来 木曜日(第2・4のみ)
脊椎炎外来 木曜日(第5のみ)
アレルギー外来 火曜日、土曜日(第2・4のみ アレルギー、遺伝性血管性浮腫)
小児・移行期
リウマチ性疾患外来
①病院間連携で予約(医療連携室へ電話かFAXで平日9時~17時で予約)
②紹介状持参で直接来院は避けて頂き、事前に予約センターへお電話ください

初診(火、水、木の11:00まで)

特殊検査・処置・入院・手術のご案内

名称 所要日数
(時間)
説明
生物学的抗リウマチ薬治療 外来 ・入院 現在8種類の生物学的製剤と、4種類の分子標的薬が市販されていますが、各薬剤の特性を活かし、患者さんの病状に合わせた適正な用法用量を用いた治療により、患者さんの安全性を高め、かつ経済的負担を軽減する新しい試みを行っております。
関節リウマチ早期
寛解導入療法
外来 最新の知見および患者さんの合併症等に基づいた、寛解を目指す関節リウマチ治療を行っております。
初診外来 再診外来 専門外来
午前 山崎宜興 加藤智啓
藤本久絵
午後 鈴木真奈絵 [小児リウマチ・移行期外来]
森雅亮
午前 △永渕裕子 高桑由希子
今村充
[アレルギー外来]
今村充
[小児リウマチ・移行期外来]
吉岡耕平
林祐子
豊福悦史
午後 高桑由希子
今村充
遊道和雄
[アレルギー外来]
今村充
[小児リウマチ・移行期外来]
吉岡耕平
林祐子
豊福悦史
午前 高桑由希子 ○川畑仁人
△永渕裕子
[移行期外来]
○川畑仁人
[小児リウマチ・移行期外来]
山﨑和子
午後 △永渕裕子
安藤貴泰
[小児リウマチ・移行期外来]
山﨑和子
午前 今村充 △大岡正道
櫻井恵一
[小児・リウマチ移行期外来]
森雅亮
午後 ○川畑仁人
松村憲浩

[母性内科外来]
△大岡正道(2,4)
[再発性多発軟骨炎外来]
△大岡正道(1,3)

[脊椎炎外来]
△大岡正道(5)
[小児・リウマチ移行期外来](再診のみ)
森雅亮

午前 △大岡正道
石﨑克樹(1,3)
鈴木翔太郎(2,4)
山崎宜興
水島万智子
午後 山崎宜興
午前

川上美里(1,3)

鈴木翔太郎(1)

石﨑克樹(3)
安藤貴泰(4)

[小児リウマチ・移行期外来](再診のみ)
山﨑和子(1,3)
森雅亮(2,4)
[アレルギー遺伝性血管性浮腫初診外来]
△大岡正道(2,4)
午後

〇=部長、△=副部長、[非]=非常勤

都合により変更になる場合があります。

午後は原則再診のみ(予約制)

( )内の数字は第何週目かを示しています。

休診・代診のご案内

現在「休診・代診のご案内」はありません。

入院患者数(2021年度実績)

手術名・検査名 件数
関節リウマチ 74
全身性エリテマトーデス 69
皮膚筋炎 52
全身性強皮症 58
顕微鏡的多発血管炎 67
多発性筋炎 8
多発血管炎性肉芽腫症 35
ANCA関連血管炎 9
結節性多発動脈炎 4
混合性結合組織病 12
成人スチル病 7
ベーチェット病 3
リウマチ性多発筋痛症 10
悪性関節リウマチ 4
再発性多発軟骨炎 6
シェーグレン症候群 34
巨細胞性動脈炎 12
高安病 5
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 24
強直性脊椎炎 0
アナフィラキシーショック 24
スイート病 0
若年性特発性関節炎 9
遺伝性血管性浮腫 1

研究内容

  1. 関節リウマチ:リンパ球解析に基づく病態解明、間質性肺炎バイオマーカー、腫瘍や腎機能障害合併例の治療に関わる臨床研究
  2. 全身性エリテマトーデス:リンパ球解析に基づく病態解明、免疫抑制療法マネージメントのための臨床研究
  3. ANCA関連血管炎:病因・病態解明のための臨床研究およびゲノミクス・プロテオミクスを応用した病態解析
  4. 成人発症スチル病・若年性特発性関節炎;病態を反映したバイオマーカーの樹立
  5. 皮膚筋炎:間質性肺炎治療の最適化のための臨床研究、病態を反映したバイオマーカーの樹立
  6. 免疫チェックポイント阻害療法における免疫関連有害事象の病態解明
  7. 薬剤アレルギー:ポリエチレングリコールに対するアレルギーに関する研究

一覧に戻る

診療科・部門のご案内