診療科・部門等一覧

医療安全管理室

最終確認日:2016/5/6
ご挨拶

lubin

 新聞を見ると数えきれないほどの医療事故の報告が毎日紙面のどこかに掲載されています。患者さんの取り違え、手術時にガーゼを体内に置き忘れた、動脈瘤の破裂を心筋梗塞と誤診した、血液型を間違って輸血した、抗がん薬の投与量を間違った等々。本当にこんなことが起こるのかと考えさせられるようなことが現実に起こっています。しかし残念ながら、どのように気を付けても事故を完全に無くすことは出来ません。したがって、人間はミスを犯す動物であるということを十分認識し、引き起こされる事故の要因を検討することが必要になってきます。

 

 図は「ルービンの盃」という有名な絵です。黒い部分に意識をおくと盃に見えますが、その背景となっている白い部分に意識を向けると向き合った女性の横顔に見えてきます。盃と顔の両方を同時に見ると背景である地はその中に溶け込んでしまいます。つまり、人間の脳はこの二つのものを同時に図にすることはできないということです。これが人間の脳の限界と考えられています。
 人はいつでも過ちを起こし得ることを十分認識し、心を引き締め、慣れや気の緩みから引き戻ることが大切であり、これが、今後の医療事故減少に繋がると考えています。


業務の案内

● 各リスクマネージャーの活動支援
● 事故報告レポートのデータ収集・分析・管理
● 事故防止対策の検討および実施に向けた各セクションとの協議活動
● 医療事故防止対策マニュアルの定時的な見直し
● 医療安全管理に伴う部門間連携の調整
● 医療現場を巡回とマニュアル遵守状況の把握および指導
● 医療安全に関する、部門・職種を越えた職員間で意見交換できる環境の整備
● 職員対象研修会の企画と運営
●インシデント・アクシデントに関する情報共有のための回報・新聞の作成と配布
● 医療事故発生時の影響を最小限にとどめる為の指導
患者相談
● 紛争処理業務
● 院内の危機管理対応
● 警備業務

以上のような業務を行なっています。