来院・入院の方

聖マリアンナの先進的な医療

アルテプラーゼ静脈内投与による血栓溶解療法

聖マリアンナ医科大学 脳神経内科

アルテプラーゼ静脈内投与による血栓溶解療法 ※適応症:急性脳梗塞(当該疾病の症状の発症時刻が明らかでない場合に限る。)

■はじめに

 脳梗塞を起こしても、発症から4.5時間以内にtPA(アルテプラーゼ)静注による血栓溶解療法を受けることができれば、脳梗塞の後遺症を軽減させることができます。このためtPA静注療法は、適応のあるすべての脳梗塞患者に行うべき治療として世界のガイドラインが推奨している脳梗塞治療の一つです。
 脳梗塞は心筋梗塞の様に痛みを伴いませんので、睡眠中に脳梗塞を発症しても目覚めることがないため、睡眠中に発症した脳梗塞では朝になってはじめて発症していることに気づかれることも多く見られます。このように発症時刻を確定できない方は、発症4.5時間以内であるか否かが不明であるという理由で今のところtPA静注療法を受けることができない状況にあります。しかし最新のMRI技術を用いれば、発症後間もない脳梗塞であるか否かを確認することができるので、発症時刻不明の脳梗塞であってもtPA静注療法の恩恵を受けることができると考えられるようになりました。
 この先進医療は、以下の対象患者の条件を満たす場合に行うことができるもので、国立循環器病研究センターを中心とした第3相多施設共同オープンラベル無作為化臨床試験(略称THAWS研究)として行われています。

■対象患者

 脳梗塞の発症時刻が不明で、最終未発症確認時刻から治療開始可能時刻まで4.5時間を超え12時間以内、かつ発見から4.5時間以内に治療を開始できる20歳以上の脳梗塞の患者さんが対象となります。ただし、その他の合併症や治療経過により、担当医師が不適切と判断した患者さんはご参加いただけない場合があります。

■方法

 MRI検査を行い、脳梗塞の大きさなどを確認して、この治療の可否を判断します。本試験参加の同意書にご署名いただいた後に、tPA(アルテプラーゼ)を使うか、tPA以外の標準的な治療を行うかを無作為に1:1に割り付けます。標準治療群の患者さんには、tPA以外の薬・点滴などによる通常の治療を行います。

■おわりに

 本先進医療で得られた成果は、他の施設の結果と統合して解析し、発症時刻を特定できない患者さんへのtPA静注療法の保険適応に向けた検討が行われる予定です。この先進医療を通じて国内外の病院とも連携し、一人でも多くの脳梗塞患者さんの後遺症を軽減できるようになれば幸いです。


*THAWS研究とは、 THrombolysis for Acute Wake-up and unclear-onset Strokes with alteplase at 0.6 mg/kg(アルテプラーゼ 0.6 mg/kgを用いた、急性睡眠中発症脳梗塞および発症時刻不明脳梗塞への血栓溶解治療)の略称です。