当院について

輸血拒否患者さんへの本学の対応について

基本方針

 今すぐにでも輸血をしなければ生命の保証ができないような緊迫した状況下においては、患者またはその家族の同意が得られない場合でも、生命の尊厳の立場から輸血を行う。
 その場合、すみやかに理事長、学長、生命倫理委員会委員長および当該所属病院長に報告する。
 それに対する責任は大学が負う。

本学の対応

(1)診療拒否はしない。
(2)輸血療法を必要とすると予測される場合には、担当医師はその事由を理解しやすい言葉で患者またはその家族に十分に説明したうえで同意を得る努力をし、その経過と結果を詳細に診療録に記載する。
(3)このインフォームド・コンセントには、必ず複数の医師であたる。
(4)時間的に余裕がある場合には、本学の基本的な立場を説明し、患者またはその家族との相談の上で、適当な転院先を紹介する。