診療科・部門等一覧

てんかんセンター

最終確認日:2021/10/1
ご挨拶

 聖マリアンナ医科大学病院てんかんセンターでは、「神奈川県はじめてのてんかんセンター」「神奈川県唯一のてんかんセンター」として小児から成人まであらゆる年齢層への対応をいたします。てんかん専門医を中心に、小児科医、脳神経内科医、精神科医、脳神経外科医、救急医が連携して、より正確な診断につとめ、最新の薬物治療、安全なてんかん外科治療など、最先端治療を提供いたします。
 小児てんかんの方には、治療と並行して、幼稚園、学校などでの進級、就学、幼稚園・学校生活に関する的確なアドバイスをさせていただきます。成人てんかんの方では、治療過程にかかわる就職、結婚、妊娠、出産、自動車運転免許取得などについての相談を行ってまいります。難治性てんかんの方には、神奈川県における基幹てんかん外科治療施行施設・教育施設として、側頭葉切除・選択的扁桃体海馬切除・海馬多切・脳梁離断・頭蓋内電極・焦点切除・機能的半球離断・VNSなどすべての手術術式が対応可能なところから、患者さんご本人に最適な治療法を提案致します。脳機能マッピングが必要な焦点切除症例にも万全に対応できるよう施設整備を行っています。ていねいな問診と外来検査(脳波、MRI/SPECT/PET)に加えて、必要とされる患者さんには長時間脳波ビデオモニタリング検査(小児1床・成人2床)をお受けいただいた上で、治療方針に反映します。
 患者さんをご紹介くださった地域の先生方には診療結果をご報告申し上げ、安定している患者さんについては地域の先生方に診療引き継ぎをご依頼申し上げます。主治医の先生方と綿密な連携を取りながら連携ネットワークを構築し、より良質なてんかん医療をすべての神奈川県民にご提供できるよう目指してまいります。

 私たちは、神奈川県在住のてんかんでお困りのすべての皆さま方が、いつでも最先端医療を受けることができるような拠点施設・連携基幹施設であり続けたいと考え、日夜活動を続けています。


業務の案内

聖マリアンナ医科大学病院は神奈川県のてんかん診療拠点機関に指定されています。(てんかん地域診療連携体制整備事業)
詳しくはオリジナルサイトへ
http://kanagawa-epilepsycenter.com/

てんかん外来

 受診を希望される方は、MSC(メディカル・サポート・センター)で診察を予約してください。

 その際、現在通院中の医療機関があれば紹介状と資料をご持参下さい。また、診察の目的(診断、薬物治療、外科治療の相談、その他)及び希望診療科、医師を指定される場合はその旨を、予約の際にお申し出ください。

てんかん診療外来担当表

小児科 AM
山本(仁)
AM
須貝
AM
山本(仁)
PM
山本(寿)
新井、加久
AM
宮本
AM
宇田川
AM
岩崎
(第2,4,5土曜)
脳神経外科 AM
松森
AM
太組
PM
太組
脳神経内科 AM
伊佐早
AM
伊佐早
(第1,3土曜)
神経精神科 PM
古茶
PM
古茶
AM
勝村

太字:てんかん専門医

てんかん関連の研究に関する報告

「てんかん診療拠点病院運用の手引き(修正版)」が完成しました。

令和元年度~2年度において、厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業)を受け実施した研究の成果として、本手引書の作成を行いました。全国のてんかん診療拠点病院はもとより、全ての医療関係者、一般の皆様にも参考となる内容を盛り込んでおりますので、ぜひご一読ください。
てんかん診療拠点病院運用の手引き

 

てんかんの地域連携体制の推進のためのてんかん診療拠点病院運用ガイドラインに関する研究
研究代表者:山本 仁 聖マリアンナ医科大学小児科特任教授

カンナビノイド由来医薬品の治験に向けた研究班の記事が「日刊薬業」へ掲載されました。

令和2年度、厚生労働行政推進調査事業費補助金(厚生労働科学特別研究事業)を受け実施した「難治性てんかんにおけるカンナビノイド(大麻抽出成分)由来医薬品の治験に向けた課題把握および今後の方策に向けた研究(研究代表者:太組一朗 脳神経外科准教授)」に関連する記事が掲載されました。
2021年2月24日
2021年4月6日

 

研究内容についての詳細は研究班HPをご覧ください。
http://cannabinoid-kenkyu.com/

20211008てんかん_02