来院・入院の方

病院長のイチ押し!!

栄養部トピックス

「入院栄養窓口」の紹介

 当院へ予約入院をされる患者さんの多くは、事務手続きの前に管理栄養士と簡単な面談を行います。面談では、食物アレルギーの有無や疾患、薬物などによる食事制限の有無、さらに大幅な体重減少がないか、飲み込みに問題がないかの確認を行い、必要があると判断した場合には、食事内容や形態の変更、調整を行います。
 このように、入院時に患者さんの状態を把握することにより、迅速で、きめ細かい食事対応や栄養管理が可能となりました。
 2013 年4月より設置されたこの窓口は、「入院栄養窓口」と名付けられ、外来の再診受付窓口の隣に位置しています。


 栄養部の取り組みは、入院栄養窓口での聞き取りをはじめとして、入院中の食事提供や栄養管理はもちろんのこと、疾患別の栄養食事指導、NST(栄養サポートチーム)や褥瘡回診、緩和ケアなどのチーム医療の一員としての活動も行っています。
 栄養部は、スタッフ一丸となって、今後も患者さんへより良いサポートをめざします。