来院・入院の方

病院長のイチ押し!!

神経精神科トピックス

日帰り入院で物忘れを検査しましょう!~一日検査入院のおしらせ~

 最近、物忘れが気になることはありませんか?ご家族が何度も同じことを尋ねたり、メガネやお財布を一日中探しまわっていませんか?認知症は早期発見・早期介入が大切です。ぜひ一度、脳の健康診断を受けましょう。当院の特色は患者さんに対しコンピューター化記憶機能検査 (COMET)という、初期アルツハイマー病の診断に特化した記憶検査を行うことです。「一日」検査入院といっても、日帰りで物忘れの検査ができます。朝9時半に入院の手続き後、病棟で血液・尿検査と記憶検査、昼食を挟んで頭部MRI (CT)検査と脳波検査を行い、16時過ぎにはお帰りになれます。検査のために何度も病院に足を運ぶ必要はありません。個室をご用意しますのでご家族の付き添いも可能です。検査結果は次の外来で、主治医がお伝えします。精神科はうつ病や統合失調症だけでなく、認知症のスペシャリストでもあります。あなたの気になる物忘れ、早めに検査しましょう。


修正型電気けいれん療法

 電気けいれん療法という治療法はご存じでしょうか?電気けいれん療法は1938年より広く世界中で施行されるようになった身体療法の一つで、頭部に通電することで精神症状を改善させる治療法です。当科では修正型電気けいれん療法を行っております。これはけいれんに伴う骨折や脱臼などの合併症を出来るだけ防ぎ、安全に電気けいれん療法が行えるように、筋弛緩薬と静脈麻酔薬を用いた全身麻酔下でけいれんを起こさないで治療を行うものです。器材は副作用のリスクの少ない短パルス矩形波治療器を使用しております。当院では主にうつ病、躁うつ病、統合失調症の患者さんの中で、薬物治療抵抗性、薬の副作用が出やすい、過去に電気けいれん療法が効果的だったという場合に施行させて頂いております。平成25年度は445回の電気けいれん療法を施行しました。入院をしながらの治療法なので、かかりつけ医からの情報提供書をお持ちになり当科の外来を受診して下さい。