ホーム > 診療案内 - 検診について

検診について

日本人は40歳代に乳がんのピークがあると言われています。少しでも早い段階で異常を見つけ出し、最小限でかつ安全な治療を受けるために、ご自身にあった検診を受けることをお勧めします。

公費検診について

川崎市乳がん検診の予約をお電話にてお受け致しております。

検診日時間
平日(月曜日~金曜日)10:00~12:00
15:00~17:00
第2・4・5土曜日10:00~12:00

※平成28年度4月より国の乳がん検診の指針が変更となった為に視触診は行わなくなりました。

上記の時間で随時受付しております。

詳しくは予約受付までご連絡ください。

TEL 044-969-7733(予約専用)

自費検診基本コース

申込方法

電話にてご予約ください

TEL 044-969-7733(予約専用)
予約受付時間 月~金 10:00~17:00
第2・第4・第5土曜日 10:00~12:30

ご予約の変更があった場合は早めにご連絡ください

お持ちいただくもの

医療受給者証(健康保険証)

当院の診察券(お持ちの方)

結果報告について

 結果は郵送にてご報告します(約3週間後となります)。
 当施設は自費検診において、マンモグラフィ検査による「乳房の構成」を受診者の方へ通知しております。
 また平成29年7月より、マンモグラフィと乳房超音波の組み合わせコース(AコースとBコース)で、撮影したマンモグラフィの検査結果を見ながら超音波検査を行い、両方の検査結果を総合的に判断する「総合判定」方式を導入しています。総合判定により、見落としが少なく乳がんを発見することができます。さらに不要な精密検査を減らせることができます。

●Aコース
24,840円
マンモグラフィ(トモシンセシス)乳房超音波+視触診

 マンモグラフィ(3Dマンモグラフィ:トモシンセシス)と超音波という特徴の異なる2つの画像診断を組み合わせたコースです。高い精度で乳がんを発見でき、不必要な精密検査を減らすことができる「総合判定(マンモグラフィと超音波の検査結果を合わせた乳がん検診)」による検診です。
「総合判定」は乳腺画像診断専門の2名の放射線科医師がダブルチェックして行います。

●Bコース
21,600円
マンモグラフィ(トモシンセシス)乳房超音波

Aコースから視触診をのぞいたコースです。検査で視触診を必要とされない方や時間に余裕がない方にお勧めします。
マンモグラフィと超音波の検査結果を合わせた「総合判定」による検診です。
「総合判定」は乳腺画像診断専門の2名の放射線科医師がダブルチェックして行います。

●Cコース
19,440円
マンモグラフィ(トモシンセシス)+視触診

トモシンセシスを用いたマンモグラフィ検診です。マンモグラフィで乳房の病変を発見しやすい脂肪性、乳腺散在の人(高濃度乳房でない人)はこちらのコースがお勧めです。
検査画像は乳腺画像診断専門の2名の放射線科医師がダブルチェックします。

●Dコース
12,960円
乳房超音波+視触診

 超音波検査は乳房の構成に影響されないで小さな腫瘤(しゅりゅう)を見つけることができます。このコースはX線による被ばくがなく、痛みもないため、若い方や自治体検診でマンモグラフィをすでに受けた方にお勧めです。

自費検診オプショナル

上記の基本コースに下記のオプションをつけることができます。

骨密度測定
5,400円(税込)

骨粗鬆症の目安となる骨密度を最新の方法(DEXA法)で測定します。

このページの先頭へ