医師を志す学生の皆さんに向けて、人間尊重の立場に立った医学教育を実践する聖マリアンナ医科大学の教育精神をご紹介します。
本学では、キリスト教的な愛の精神に基づき、プロフェッショナルとして、確かな専門知識を持っていることはもちろん、ひとの心の痛みがわかる、豊かな人間性を備えた医師の育成に力を注いでいます。
聖マリアンナ医科大学は6年間一貫教育による「グッドドクター養成カリキュラム」を採用しています。1年次から始まる専門教育、コース別講義、小グループ問題解決型教育、臨床実習において医療チームの一員となるクリニカル・クラークシップなど、教わるよりも自ら学ぶ力の養成に重点を置いた教育です。
最新の学習設備を備え、医学教育に必要なすべての機能を集結した「教育棟」をはじめとする聖マリアンナ医科大学の教育環境や、学生、教師の密度の高いコミュニケーションを生む理想的な医学教育環境をご紹介します。
実習や研究室配属で利用する施設をはじめ、大学院や付属研究所等をご紹介します。
在学生・卒業生のお手続きなど。

ご挨拶

学長挨拶

学長 尾崎 承一

 本学は昭和46年に敬虔なカトリック信者である明石嘉聞博士によって創立されました。「日本に何としてもキリスト教の理念に満ちた医学教育ができる医科大学を創りたい」という博士の強い想いからです。
 本学の建学の精神は「キリスト教的人類愛に基づく生命の尊厳」ですが、医療の持つ本質的な部分とキリスト教の愛の精神は本来同じものである、と私共は理解しています。そして、この精神を具現化する良医の育成が本学の教育方針であり、医学教育のグローバル・スタンダード化の潮流の中で、本学は2016年度の入学生から新カリキュラムを導入しました。
 本学が目指す「良医」の姿は、卒業時の学位授与方針であるディプロマ・ポリシーに銘記されています。それは、「正しく判断し、正しく行動し、そして、それらの省察を生涯にわたって実践する医師」のことです。その目標に近づくために、入学時から一貫して能力レベルに合わせ、段階的に学習することが可能な教育カリキュラムを構築し、それを遂行していく「アウトカム基盤型教育」を、本学は取り入れました。
 そこには、本学ならではの必修の「宗教学」に加え、魅力的な早期体験臨床実習、複合的な医学的知識の習得を可能にするユニット型の機能的な時間割、第4学年後期からの充実した2年間の診療参加型臨床実習などが組み込まれています。高学年での臨床実習の海外における提携先も増加しており、そこに向けて低学年から学べる選択制の実践的な英語教育のコースも開設されています。
 アウトカム基盤型教育では、何を教わるかでなく、自らが何を学ぶかが重視されます。そのため、随所に自学自習の時間を多く取り入れたカリキュラムとなって、新入生の皆様を迎え入れています。将来、病める人に愛ある医療を提供する「良医」を目指して、独立独歩の気概のある、自立心の旺盛な若い学生諸君が多数参集し、良医の第一歩として卒業生の列に加わっていただくことを希望しています。

医学部長挨拶

医学部長 加藤 智啓

 本学は、医師としての使命感を自覚し、生命の尊厳を大切にする「良医」の育成を目指しています。良医は豊かな人間性を持ち、自ら考え、自ら判断し、自ら行動する医師でもあります。こうした良医を育てるために本学では6年一貫教育体制を整えています。特に、昨年度は、国際標準に合致した医学教育体制と学生が効率よく学べるシステムの確立のため、10数年ぶりでカリキュラムの抜本的改革を行い、1年目が順調に始まったところです。新カリキュラムは、4年次前半までの講義を中心とした基礎・臨床医学と、4年次後半の共用試験(computer-based testing; CBT およびobjective structured clinical examination: OSCE)後に始まる約2カ年の臨床実習から構成されます。前者では多くの専門教育科目をブロック制としています。ブロック制は関連する1つの領域を1週間集中して学ぶブロック制による講義体系を行い、その週の授業時間の大半を1つの科目に使う短期間集中型のカリキュラムとなっており、事前事後の学習がしやすいように配慮しております。ブロック終了後にはTeam-Based Learning(ブロックTBL)を配置し、その週に学修したことを題材にグループ討論と発表を行い、理解を深めます。 講義のほかには1年次から早期体験実習があります。そこでは「人の一生とそれを支える社会システム」をテーマにして、マタニティークリニック・保育施設・医療機関・高齢者介護施設での仕事を順次体験学習します。加えて、医学・医療を様々な角度から学ぶ「実践医学」を配当しております。これらにより、医学・医療のみならず、より広い視野を持つ良医が育つことを期待しています。さらには、医学とは直接関連しない人文社会・自然科学系の選択科目を数多く配置した「総合教育科目」を充実させており、豊かな人間性の獲得に寄与するものと考えています。共用試験後の病院実習は、学生一人ひとりがstudent doctor(SD)として病院での医療チームの一員となり、一定の役割を果たしつつ学ぶ「診療参加型クラークシップ」となっています。そこでは、患者さんとはもちろんのこと、周囲の医療スタッフとも円滑なコミュニケーションをとりつつ、積極的に医療に参加する姿勢が求められます。
 医師は生涯学び続ける必要のある職業のひとつです。卒業してからも、自ら考え、自ら判断し、自ら行動する医師でありつづけるための基礎を、本学でしっかり身に付けてほしいと考えています。