受験案内 English

アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 聖マリアンナ医科大学は、キリスト教的人類愛に基づき、病める人々の心と体の痛みがわかり、かつ、医学・医療の実践者としての確かな専門知識、豊かな感性ならびに高い能力を有している医師の育成に力を注いでいます。

本学が求める学生像

  1. 医師を目指す明確な目的を有している。
  2. 医師になるための品格と倫理観を有している。
  3. 医師になるための知性と科学的論理性を有している。
  4. 病める人々の心と体の痛みがわかり、かつ、豊かな感性を有している。
  5. 他人に対して自分の意見を明確に述べることができ、また、他人の意見を聞き入れこれを理解する気概を有している。
  6. 誠実で協調性に優れ、広い視野を有している。

本学が求める学力

 医師には生涯「自ら学ぶ力」が必要である。そのために、高校では医学を学ぶ上で基盤となる数学、理科をしっかりと学んでおくこと。その際は、表面的・断片的な知識の詰め込みでなく、体系的な知識と確かな応用力を身に付けるよう心がけることが必要である。
 また、本学では英語が4年次まで必修科目として配当されており、実践的に英語を読み、書き、話すことができるようカリキュラムが組まれている。入学後の英語学習に必要となる、表現力や語彙力を高めておくようにすること。
 さらに、本学では小論文試験および面接試験を課し、人物を多面的に評価している。小論文試験では、文章の読解力および表現力、論理的思考力を重視し、面接試験では、将来良き臨床医となるために必要な積極性、協調性、社会性を中心に評価している。

カリキュラム・ポリシー(カリキュラムの到達目標)

 学生が将来それぞれ保健、医療の発展に寄与することができるように、一般医として必須の基礎的知識を把握し、医師としての人間性、使命感と基本的態度ならびに基本的技能を体得し、卒業時に臨床研修が可能なレベルに到達することをカリキュラムの目標とする。

基礎的知識の修得

(1)人間の心身の正常な発育、構造、機能を理解する
(2)保健、医療面における人間と地域、社会、文化、環境との関係を認識する
(3)主要疾患の診断とそれらの基本的治療法を把握する
(4)緊急疾患の診断と応急処置について十分に認識する
(5)疾病の予防について理解する
(6)医学的リハビリテーションについて理解する

基本的態度の修得

(1)保健、医療の問題に取り組む積極的態度
(2)保健、医療の専門職としての倫理感、責任感
(3)保健、予防、社会復帰を含む包括的なものとして医療を把握する態度
(4)患者およびその家族との信頼関係を醸成する態度
(5)総合的、科学的な問題解決態度
(6)チーム医療の一員として活動する協調的態度

基本的技能の修得

(1)病歴聴取技法
(2)身体的診察法による正常と異常の鑑別
(3)基本的臨床検査法の実施、選択、解釈と特殊検査法の選択、解釈
(4)臨床データの収集、整理、記録、解釈
(5)臨床的問題点の認識と診療計画の設定
(6)基本的治療手技の適用

ディプロマ・ポリシー(卒業時の到達目標)

 キリスト教的人類愛に根ざした「生命の尊厳」について深い認識を持ち、人類社会に奉仕し得る医師となるために、正しく判断し、正しく行動し、そしてそれらを生涯にわたって実践し得る基礎を確立しなければならない。

大項目I:正しく判断できる

第1領域:
医師の義務や医療倫理を理解している。(医師の責務)

 医の倫理に関する基本的原理、および医師の法的責任については、十分に理解しておかなければならない。さらに、良好な医師と患者の関係は、良質な医療の基礎となることから、これらに関わる基本的知識を修得する。


第2領域:
医師として人類社会に奉仕する使命感を有している。(医師の姿勢)
 医師として人に対して敬意を払い、異なる価値観や文化を理解し尊重した上で、正しく判断する姿勢を修得する。


第3領域:
幅広い知識を身につけ、複合的な視点から知識を統合し応用できる。(複合的知識)

 医学における科学的な知識と解釈について十分に理解し、様々な視点から知識を統合し応用する能力と、基本的医療行為に関する知識を修得する。


第4領域:
科学的根拠に基づいて評価・判断し、問題解決にあたることができる。(問題解決能力)
 正確な情報を収集・整理して利用する能力を身につけ、医療における科学的根拠に基づく意思決定と判断を行う能力を修得する。

大項目II:正しく行動できる

第5領域:
患者、家族や様々な職種の人と良好なコミュニケーションをとることができる。

(コミュニケーション能力)

 医学・医療の実践のため、口頭あるいは文書・電子媒体などを用いた有効なコミュニケーション能力を修得する。


第6領域:
医師として必要な実践的能力を有している。(基本的診療能力)
 基本的な診療技能と、適切な検査法を選択できる能力を習得するとともに、指導監督下において実施可能な医療行為については、その実践的能力を修得する。

大項目III:生涯にわたって省察し実践する基礎ができる

第7領域:
常に感謝と思いやりの心を持ち、医師としての役割を果たすことができる。(社会的責任)

 社会における臨床医・研究者・教育者等の多様な医師の役割を理解し、社会的責任を果たすための基本的能力を修得する。


第8領域:
自らの行動を振り返り、修正し改善していくことができる。(省察的実践家)
 医師として、生涯にわたって学び実践する省察的実践家としての基本的な姿勢を修得する。