聖マリアンナ医科大学看護専門学校

カリキュラム

HOME
カリキュラム

カリキュラム

3年間の学び

基礎・専門・統合分野をバランスよく配置した実践的カリキュラムです。
知識・技術・態度を学び、社会に貢献する豊かな人間性を備えた看護師の育成を実現します。

当校のカリキュラムの特性

当校のカリキュラムは、国家試験合格はもちろん、看護の実践力、豊かな人間性が培われることを目指しています。

特徴としては、3年間の学習の積み上げによる、看護の専門職として求められる知識、技術、態度の統合がスムーズに図るべく、社会の変化に対応し得る教育内容を各分野に盛り込んでいることです。

コミュニケーション能力、フィジカルアセスメント、倫理的判断能力、災害看護、終末期看護等を強化し、臨地実習では看護実践能力の基礎、チーム医療とその連携・協働等に主眼を置き、科目を構成しています。

授業方法では、シミュレーション学習、ロールプレイ学習を駆使し、臨地では臨場感のある統合的な内容を教授しています。また学習の総まとめとして、客観的臨床能力試験(OSCE)と統合実習を実施しています。

教員個々の能力強化及び臨床との連携を密にし、質の高い看護基礎教育を目指したカリキュラムを構築し実践しています。

カリキュラムの特徴

カリキュラム(授業科目単位数)

カリキュラム(授業科目単位数)

講義・学内演習・臨地実習について

学校内の施設や看護の現場である病院において、みな真剣に実習に取り組み、技術を確実なものにします。さまざまな体験を重ねながら実践力のある看護師を目指します。

講義

講義

講義

学内演習

基礎看護学演習

基礎看護学演習

小児看護学演習


小児看護学演習

基礎看護学演習

母性看護学演習

基礎看護学演習

在宅看護論演習

基礎看護学演習

成人看護学演習

基礎看護学演習

病院実習

実習風景(病院実習)

実習風景(病院実習)

実習風景(病院実習)

実習風景(病院実習)

uniform

主な実習病院

聖マリアンナ医科大学には大学病院の他に3つの附属病院と1つの診療施設があります。
それぞれ最先端の設備と技術で専門医療を提供し、地域医療を担っています。

聖マリアンナ医科大学病院
聖マリアンナ医科大学病院 昭和49年に開院し、広域災害拠点、がん診療提携拠点などの拠点病院、および特定機能病院として高度な臨床、教育・研究の全てを担う医療施設です。31の診療科と各センターなどの診療施設、協力部門が配置されています。
所在地 〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
診療科 31科/病床数: 1,208床
聖マリアンナ医科大学東横病院
聖マリアンナ医科大学東横病院 昭和22年に聖マリアンナ会を母体として開設されました。平成20年には「心臓病センター」「脳卒中センター」「消化器病センター」「生活習慣病センター」「健康診断・女性検診センター」を中心とした専門的かつ高度な医療を提供する病院としてリニューアルオープンし、地域医療に貢献しています。
所在地 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-435
診療科 心臓病センター・脳卒中センター・消化器病センター・生活習慣病センター・健康診断・女性検診センター/病床数 :138床
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 「よこはま21世紀プラン」の一環として昭和62年に開院。最新医療を積極的に取り入れた21世紀型総合病院です。3次救急医療センターや周産期センターなど、地域住民に高度な先進医療を提供する地域医療支援病院です。
所在地 〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
診療科 25科/病床数 : 518床
川崎市立多摩病院 指定管理者 学校法人 聖マリアンナ医科大学
川崎市立多摩病院
指定管理者 学校法人 聖マリアンナ医科大学
川崎市が設立し、指定管理者として聖マリアンナ医科大学が運営を託された公設民営の自治体病院です。救急医療・小児救急医療・災害時医療を主軸とする市民病院としての医療機関です。
所在地 〒214-8525 神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
診療科 25科/病床数 : 376床
聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック
聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック 乳がんを主とする乳腺の疾患から診断・治療、経過観察まで各専門分野のスペシャリストが安全、良質な医療を提供しています。また最新の画像診断機器を用いて最高水準の乳がん診断を行っています。
所在地 〒215-8520 神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-2
診療科 乳腺外科・放射線科・腫瘍内科

在校生のメッセージ

  • 本校の1年次は、人体の構造と機能、病気の発生のメカニズム、宗教哲学など多くの基礎科目を学びます。さらに、座学だけでなく、患者さんとのコミュニケーション方法、血圧測定など看護技術を身につける演習があります。授業は看護学校の教員だけでなく、大学や付属の病院で働く医師、管理栄養士、理学療法士など、様々な分野の先生方も担当され、臨床の場で看護師に求められる知識を分かりやすく丁寧に教えてくださいます。 看護技術の演習では、単に技術の習得をするだけではなく、患者さんに行う看護ケアの根拠や目的を一つひとつ明確にしていきます。そうすることで、患者さん一人ひとりに適した看護ケアを自ら考え行動に移す力を養うことができます。 学習環境が整っていることも魅力の1つです。本校や同じ敷地内の医学部教育棟には学習スペースがあります。授業の開始時刻より少し早めに登校し、授業前の予習を行うことや、医学部教育棟は22時まで利用できるため、放課後に復習や課題を終わらせてから帰宅するなど、自分の生活リズムに合わせた学習時間の確保ができます。 また本校には社会人経験のある人や男子学生も多数在籍しています。グループワークにおいて、一人ひとりが経験してきたことを活かすことで、幅広い意見交換ができます。 試験や実習と、決して楽な学校生活ではありませんが、看護師になるという同じ志を持った仲間たちと支え合いながら、頑張ることができます。 みなさんにも一人ひとりが経験してきたことを活かし、自身の成長を実感できる学校生活を本校で送ってほしいです。
  • 聖マリアンナ医科大学看護専門学校は大学病院の敷地内にあり、解剖学や病理学などの専門分野は医師や研究者の方が来て講義してくださいます。そのため、より専門的な知識を習得でき、今の聖マリアンナで行われている医療等も知ることができます。また、聖マリアンナの系列病院に就職することができるので、3年生の大切な時期に就職活動に時間を使うことなく、国家試験に向けての勉強に集中できます。 看護技術に関しては、看護学校の先生方が座学から実技まで丁寧に教えてくださいます。看護師になる為に厳しい指導もありますが、学生対して親身に寄り添ってくださる先生ばかりで、学校の雰囲気は明るく、安心して学ぶことができます。 同学年には現役生だけでなく、社会経験のある方もいらっしゃいます。グループワークや実習では、幅広い意見の共有ができ、とても良い刺激になります。大人の方は勉強熱心で尊敬することばかりなので、私も頑張ろうと自分を高めることができています。年齢や男女差など関係なく話し合えるので、様々な価値観の中でグループワークを進めることができています。 一般の大学とは違いほぼ全員で授業を受けるため、仲が良く、友達も多いです。沢山の課題や、テスト、実習なども同じ学年の仲間と励まし合い、助け合いながら乗り越えることが出来ました。 専門学校はとても忙しいですが、仲間とともに充実した3年間を過ごすことができると思います。