聖マリアンナ医科大学看護専門学校

学校案内

HOME
学校案内
ご挨拶

ご挨拶

学校長挨拶

「看護」それは奥深くやりがいにあふれている仕事。
そして、あなたらしく活躍できる場所があります。

聖マリアンナ医科大学看護専門学校 校長 伊藤 泉

本校は、1958年に看護師養成を開始し、以来60年余にわたり神奈川県川崎市において看護師の育成を行っています。

看護師は、国家資格を持ち生涯を通して働くことのできる専門職です。仕事の内容は、「傷病者や妊産婦の療養上の世話」「診療上の補助」と、法律で定められています。今、病院・診療所、訪問看護、介護施設、助産所、看護の教育機関などさまざまな場所で働く看護職の数は160万人を超えています。社会の変化とともに一層看護師への期待も高まっています。

「看護は実践の学問である」と言われています。本校は、看護に必要な知識・技術の習得のみならず、知識・思考・行動の統合を通して発揮される「実践者の育成」に沿ったカリキュラムを編成しています。

看護師になる夢と意志のある皆様、看護師には専門職として必要な資質・能力が求められており、質の高い教育が必要です。本校の特色を理解していただき、ともに看護師を目指しましょう。教育および臨床経験豊富な教職員一同が、看護専門教育を学ぶにふさわしい環境で、お待ちしています。

聖マリアンナ医科大学看護専門学校 校長
伊藤 泉

アドミッションポリシー

聖マリアンナ医科大学看護専門学校が求める学生像

  1. 当校の教育理念・教育目的・教育目標に賛同する人
  2. 自ら考え行動しようとする、学習意欲の高い人
  3. 看護実践に強い関心があり、看護を通して社会に貢献したい人
  4. 自分の課題を見つけ、その課題に取り組むことができる人
  5. 人間として尊敬(誠実)と思いやりの心を持っている人
  6. 目標に向かって粘り強く、支援を求めながらチャレンジできる人

教育理念

キリスト教的人類愛と生命の尊厳を基本とし、
国際社会に貢献し得る看護実践者を育成する。

教育目的

教育理念に基づいて、看護の理論・技術を教授し、
看護の実践者として社会に貢献し得る、
豊かな人間性を備えた看護師を育成する。

教育目標

  1. 生命に対して畏敬の念を持ち、人間をかけがえのない存在として尊重する態度を養う。
  2. 対象に応じた看護を科学的根拠に基づき実践できる能力を養う。
  3. 看護を実践していく上で基盤となる人間関係を形成する能力を養う。
  4. 専門職者としての役割・責任を自覚し、社会のニーズに対応した行動がとれる能力を養う。
  5. 広い視野で看護を探求し生涯学び続ける姿勢を養う。

理事長挨拶

受験生の皆さんへ

学校法人聖マリアンナ医科大学 理事長 明石 勝也

聖マリアンナ医科大学看護専門学校は、敬虔なカトリック信者であった創立者故明石嘉聞博士によって財団法人聖マリアンナ会高等看護学院として創設され、1979年に、学校法人聖マリアンナ医科大学に移管され現在に至っています。

創立以来の建学の理念は「キリスト教的人類愛に根ざした、生命の尊厳を基調とする医療者の養成」であり、この理念は看護専門学校だけでなく、医学部、大学病院など聖マリアンナ医科大学に集うすべての人々の共通の思いでもあります。

優れた看護実践者となるためには、本校の誇るきめ細かいカリキュラムに基づいた確かな知識、技術を身に付けなければなりませんが、愛ある医療の提供者として心を磨くことの大切さを是非とも本校で学んで欲しいと思います。

緑豊かなキャンパスには医学部や大学病院も隣接しており、人と人との交わりを生かした教育環境は人のやさしさを育みます。かけがえのない三年間を、ぜひ私たちと一緒にこのキャンパスで過ごしてみませんか。皆さんのご入学を心よりお待ち申し上げます。

学校法人聖マリアンナ医科大学 理事長
明石 勝也