研究活動における不正行為の防止等について│聖マリアンナ医科大学
情報公開

研究活動における不正行為の防止等について

 本学では「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日 文部科学大臣決定)」等に基づき「研究活動における不正行為の防止等に関する規程」を策定しております。

研究活動上の不正行為について

本学では研究活動上の不正行為として、以下を定めております。

  1. 故意又は研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠ったことによる、捏造、改ざん、又は盗用。
  2. 1.以外の研究活動上の不適切な行為であって、科学者の行動規範及び社会通念に照らして研究者倫理からの逸脱の程度が甚だしいもの。

告発の相談及び受付体制について

告発の相談について

  • 研究活動上の不正行為の疑いがあると思料する者で、告発の是非や手続について疑問がある者は、告発窓口に対して相談をすることができます。
  • 告発の意思を明示しない相談があったときは、告発窓口は、その内容を確認して相当の理由があると認めたときは、相談者に対して告発の意思の有無を確認させて頂きます。

告発の受付体制について

  • 研究活動上の不正行為の疑いがあると思料する者は、何人も、書面、ファクシミリ、電子メール、電話又は面談により、告発窓口に対して告発を行うことができます。
  • 告発は、原則として、顕名により、研究活動上の不正行為を行ったとする研究者又は研究グループ等の氏名又は名称、研究活動上の不正行為の態様その他事案の内容が明示され、かつ、不正とする合理的理由が示されていなければなりません。

告発の相談及び受付窓口について

聖マリアンナ医科大学 教学部 大学院・研究推進課
TEL  044-977-8111(内線2122~2126)
FAX  044-977-5542
E-mail k-sienbu.mail@marianna-u.ac.jp

取扱規程について

取扱規程を以下の通り定めています。
研究活動における不正行為の防止等に関する規程