次世代育成支援認定マーク「くるみん」取得│聖マリアンナ医科大学
情報公開

次世代育成支援認定マーク「くるみん」取得

次世代認定マーク「くるみん」を取得しました(基準適合一般事業主認定)

 学校法人聖マリアンナ医科大学は、2016年5月18日付けで神奈川労働局より次世代育成支援対策推進法(第13条)に基づく基準適合一般事業主に認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。
 本学では、教職員の職業生活と家庭生活との両立を支援し、すべての教職員が能力を最大限発揮できる多様な労働環境の促進を行ってきました。このたび、「聖マリアンナ医科大学一般事業主行動計画」(2010年4月1日~2015年3月31日)に定めた目標を達成し、認定基準を満たしたことから次世代認定マーク「くるみん」の取得となりました。

 

≪「くるみん」認定マークについて≫
 「くるみん」は厚生労働省の一般公募により決定したマークで、赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、子どもがやさしく「くるまれている」という温かい印象、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で子供の育成に取り組もう、という意味が込められています。