生理学

教室の目標

 

 平成122000年)年3月に豊田順一主任教授(現名誉教授)が定年退職され,同年月に明間教授が生理学教室を引き継いでから,平成22年で10年になりました。21世紀の最初の10年間を,新たな100年の歴史の礎を築くつもりでやってきました。明間主任教授が平成28年3月で定年退職され、4月から舩橋ー幸田体制で教室を運営しています。
生理学教室の主な業務は学生教育と研究であり,これらを通して大学と社会に貢献する責任があります。優れた教育と優れた研究の両立は容易ではありませんが,このふたつは生理学教室にとって極めて重要な車の両輪で、どちらか一方が欠けてもいけません。学生教育は年一貫教育と生涯教育の基礎を作る意味があると考えており,良い医師を作る生理学教育を目指しています。
また、研究に関して、詳細は、研修・大学院の項を参照してください。学部学生や大学院学生の広いニーズにも答えようと思っていますので、相談してください(舩橋)。