聖マリアンナ医科大学看護専門学校

カリキュラム

HOME
カリキュラム

カリキュラム

3年間の学び

基礎・専門・統合分野をバランスよく配置した実践的カリキュラムです。
知識・技術・態度を学び、社会に貢献する豊かな人間性を備えた看護師の育成を実現します。

当校のカリキュラムの特性

当校のカリキュラムは、国家試験合格はもちろん、看護の実践力、豊かな人間性が培われることを目指しています。

特徴としては、3年間の学習の積み上げによる、看護の専門職として求められる知識、技術、態度の統合がスムーズに図るべく、社会の変化に対応し得る教育内容を各分野に盛り込んでいることです。

コミュニケーション能力、フィジカルアセスメント、倫理的判断能力、災害看護、終末期看護等を強化し、臨地実習では看護実践能力の基礎、チーム医療とその連携・協働等に主眼を置き、科目を構成しています。

授業方法では、シミュレーション学習、ロールプレイ学習を駆使し、臨地では臨場感のある統合的な内容を教授しています。また学習の総まとめとして、客観的臨床能力試験(OSCE)と統合実習を実施しています。

教員個々の能力強化及び臨床との連携を密にし、質の高い看護基礎教育を目指したカリキュラムを構築し実践しています。

カリキュラムの特徴

カリキュラム(授業科目単位数)

カリキュラム(授業科目単位数)

臨地実習について

学校内の施設や看護の現場である病院において、みな真剣に実習に取り組み、技術を確実なものにします。さまざまな体験を重ねながら実践力のある看護師を目指します。

実習風景(学内演習)

基礎看護学演習

小児看護学演習

  • 成人看護学演習・宅看護論演習
  • 講義
  • 実習風景(病院実習)

    実習風景(病院実習)

    主な実習病院

    聖マリアンナ医科大学には大学病院の他に3つの附属病院と1つの診療施設があります。
    それぞれ最先端の設備と技術で専門医療を提供し、地域医療を担っています。

    聖マリアンナ医科大学病院
    聖マリアンナ医科大学病院 昭和49年に開院し、広域災害拠点、がん診療提携拠点などの拠点病院、および特定機能病院として高度な臨床、教育・研究の全てを担う医療施設です。31の診療科と各センターなどの診療施設、協力部門が配置されています。
    所在地 〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
    診療科 31科/病床数: 1,208床
    聖マリアンナ医科大学東横病院
    聖マリアンナ医科大学東横病院 昭和22年に聖マリアンナ会を母体として開設されました。平成20年には「心臓病センター」「脳卒中センター」「消化器病センター」「生活習慣病センター」「健康診断・女性検診センター」を中心とした専門的かつ高度な医療を提供する病院としてリニューアルオープンし、地域医療に貢献しています。
    所在地 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-435
    診療科 心臓病センター・脳卒中センター・消化器病センター・生活習慣病センター・健康診断・女性検診センター/病床数 :138床
    聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
    聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 「よこはま21世紀プラン」の一環として昭和62年に開院。最新医療を積極的に取り入れた21世紀型総合病院です。3次救急医療センターや周産期センターなど、地域住民に高度な先進医療を提供する地域医療支援病院です。
    所在地 〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
    診療科 25科/病床数 : 518床
    川崎市立多摩病院 指定管理者 学校法人 聖マリアンナ医科大学
    川崎市立多摩病院
    指定管理者 学校法人 聖マリアンナ医科大学
    川崎市が設立し、指定管理者として聖マリアンナ医科大学が運営を託された公設民営の自治体病院です。救急医療・小児救急医療・災害時医療を主軸とする市民病院としての医療機関です。
    所在地 〒214-8525 神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
    診療科 25科/病床数 : 376床
    聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック
    聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック 乳がんを主とする乳腺の疾患から診断・治療、経過観察まで各専門分野のスペシャリストが安全、良質な医療を提供しています。また最新の画像診断機器を用いて最高水準の乳がん診断を行っています。
    所在地 〒215-8520 神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-2
    診療科 乳腺外科・放射線科・腫瘍内科

    在校生のメッセージ

    • 専門的な授業と多様性を重んじる校風 看護専門学校の授業ではまず、人体の構造、機能、患者さんとのコミュニケーションの方法など多くの基礎知識を学びます。授業は看護学校の教員だけでなく、大学や附属病院で働く医師、薬剤師や研究者の先生方も担当され、より専門的で臨床に役立つ講義をしてくださいます。また、看護ケアに関しても、本校教員の熱心な指導のもと、学校で何度も演習を行うことにより知識と技術を深めていくことが出来ます。患者さんへ実際に看護ケアを行う際はとても緊張しますが、学校で練習し、学んだ数だけ自信につながります。 本校には現役生や女子学生だけでなく、社会人経験のある人や男子学生も多数在籍しています。年齢、環境、性別の違いがあるからこそ、新しい視点からの意見が生まれ、グループワークにおいても幅広い意見交換をすることに繋がります。 今現在、「自分は看護学校の授業についていけるかな?」「社会人、もしくは男子学生でも馴染めるだろうか?」と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。確かに、本校は試験や課題が多く、実習もとても忙しいです。しかし、それを支え合い励まし合いながら、同じ目標に向かって学ぶ仲間がいます。そこに年齢や性別の違いは関係ありません。私は、この学校に進学を決めて良かったと思っています。
    • 全ての学びが看護につながる 看護専門学校では基礎科目・専門科目を通じて知識を学ぶ座学、そして看護技術を身につける演習があります。人の命を預かる看護師にとって知識と技術はとても重要です。その中でも私が最も重要だと思うのはグループワークです。同じ場面で考えたとしても、人それぞれ意見が異なりますが、その意見を共有することでお互いの価値観を学ぶことができます。そのことにより、臨地実習で患者さん一人ひとりと向き合い、自分が今何を求められているのかを考えることができるようになりました。 本校では授業、臨地実習、試験と毎日が大変忙しいです。それでも看護師になるという同じ目標を持った仲間がいるからこそ頑張ることができます。日々学んでいることの全てが患者さんの看護につながるので、充実した学校生活を送ることができます。受験生のみなさんにも充実した学校生活を本校で送ってほしいと思います。