聖マリアンナ医科大学大学院 医学研究科 応用分子腫瘍学 Department of Translational Oncology 臨床と基礎研究の架け橋:乳がんを中心に、がんの臨床に還元できる研究をテーマに取り組んでいます。

業績(論文リスト・講演・学会活動)

  • Citation Index Best 10
  • 論文ALL list
  • 講演・学会活動


海外招待講演

  • Ohta T. Mechanisms underlying PARP inhibitor treatment in breast and ovarian cancer. Breast cancer diagnosis and treatment conference held by the medical association of Foshan city, Foshan, China, June 10, 2017.
  • Wu W. Whether HERC2 would be possible to become a novel molecular target for BRCA-associated cancers? To employ molecular techniques for efficiently finding out novel targeted therapies for cancer. Breast cancer diagnosis and treatment conference held by the medical association of Foshan city, Foshan, China, June 10, 2017.
  • Ohta T. A novel role of HERC2 in maintaining chromosomal stability. 6th US-Japan DNA Repair Meeting, Clark-Kerr Campus, Berkeley, CA, U.S.A., May 17-21, 2017.
  • Ohta T. BRCA1 function, and its deficiency as a target for breast cancer treatment. Seminar in Gaoming People’s Hospital, Gaoming People’s Hospital, China, Sep 27, 2015. Invited by Prof. Weixin Liang
  • Ohta T. BRCA1 research, why not ROC1. Seminar in University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, U.S.A, June 2, 2015. Invited by Prof. Yue Xiong
  • Ohta T. BRCA1, Ubiquitin and Breast Cancer. Seminar in University of Cambridge, Cambridge, U.K, October 17, 2007. Invited by Prof. Ashok Venkitaraman
  • Ohta T. Roles of BRCA1-mediated ubiquitination in the maintenance of genomic stability. AACR (American Association for Cancer Research) meeting: Ubiquitin and Cancer. Florida, U.S.A., January 18 - 22, 2006.
  • Ohta T. Biological significance of BRCA1-BARD1 ubiquitin ligase in breast and ovarian tumor suppression. Seminar in Columbia University, New York, U.S.A, January 17, 2006. Invited by Prof. Richard Baer
  • Ohta T. Biological significance of BRCA1-BARD1 ubiquitin ligase in breast and ovarian tumor suppression. Seminar in Nebraska University, Nebraska, U.S.A, January 13, 2006. Invited by Prof. Manabu Furukawa and Prof. Kenneth H Cowan
  • Ohta T. A Role of Ubiquitin Ligase Activity of Tumor Suppressor BRCA1-BARD1 in Cell Cycle. Seminar in University of Washington, Seattle, U.S.A, May 18, 2004. Invited by Prof. Rachel Klevit

 

主な学会発表

  • 第77回日本癌学会学術総会: ポスター発表「HERC2 is a master regulator of G-quadruplex suppression and affects sensitivity of cells to G4 stabilizers」呉文文, 竹内淳, 頼勇強, 三好康雄, 鈴木直, 佐伯泰, 田中啓二, 朱明章, 太田智彦. 2018年9月
  • EMBO Meeting Cellular signalling and cancer therapy 2018:「HERC2 promotes BLM and WRN functions to suppress G-quadruplex DNA」Tomohiko Ohta. Sep, 2018.
  • 第76回日本癌学会学術総会: ポスター発表「Resistance of Fbxo22 knockout cancer cells to poly(ADP-ribose)polymerase(PARP)inhibitor」頼勇強, 呉文文, 梁偉新, 太田智彦. 2017年9月
  • 第25回日本乳癌学会学術総会: 教育講演「乳癌におけるDNA損傷修復不全とPARP阻害剤感受性」太田智彦. 2017年7月
  • 6th US-Japan DNA Repair Meeting:「A novel role of HERC2 in maintaining chromosomal stability.」Tomohiko Ohta. May, 2017.
  • 第75回日本癌学会学術総会: シンポジウム「BRCA変異陽性乳がんにおけるPrecision Medicine –基礎から臨床へ-」太田智彦. 2016年10月
  • 第24回日本乳癌学会学術総会: ポスター討議「DNA損傷修復機構に関与するユビキチンE3リガーセの検討」敦賀智子, 岡田麻衣子, 黒田貴子, 宇井彩子, 太田智彦. 2016年6月
  • 第24回日本乳癌学会学術総会: ポスター掲示「TripleNegative型乳癌(Basal型)においてLSD1蛋白の過剰発現は予後不良因子である」永澤慧, 前田一郎, 太田智彦, 津川浩一郎. 2016年6月
  • 第24回日本乳癌学会学術総会: 厳選口演「ドキシサイクリン誘導性BRCA1欠損ERα陽性細胞を用いた染色体不安定化機構の解析」黒田貴子, 岡田麻衣子, 敦賀智子, 太田智彦, 津川浩一郎. 2016年6月
  • BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会): ワークショップ「DNA損傷修復におけるBRCA1の機能」扇屋りん, 宇井彩子, 太田智彦. 2015年12月
  • 第74回日本癌学会学術総会: シンポジウム「HERC2 とその結合蛋白質のDNA 損傷応答と細胞周期における役割」太田智彦. 2015年10月
  • 第23回日本乳癌学会学術総会: シンポジウム「トランスレーショナルリサーチを進める上での問題点」太田智彦. 2015年7月
  • Fusion Conference DNA Replication as a Source of DNA Damage:「HP1 amma mediates BARD1 retention on Lys9-dimethylated histone H3 at sites of DNA damage」Tomohiko Ohta. Oct, 2014.
  • 第73回日本癌学会学術総会: シンポジウム「ヒストン修飾を介したBRCA1のDNA損傷応答メカニズムを標的とした治療戦略」太田智彦. 2014年9月
  • The FEBS EMBO 2014 Conference:「BRCA1/BARD1 retention at sites of DNA damage through HP1 gamma interaction with BRCT domain of BARD1」Wenwen Wu. Sep, 2014.
  • Benzon Symposium No 60 - Nuclear Regulation by Ubiquitin:「ATM-dependent but RNF168-independent BRCA1/BARD1 retention at sites of DNA damage」Tomohiko Ohta. Aug, 2014.
  • Benzon Symposium No 60 - Nuclear Regulation by Ubiquitin:「A mitotic role of estrogen receptor alpha:stimulation of E3 ubiquitin ligase activity of UBE3C in cell proliferation」Maiko Okada. Aug, 2014.
  • 第22回日本乳癌学会学術総会: 厳選口演「BRCA1の新規DNA損傷応答メカニズムを標的とした治療戦略」太田智彦. 2014年7月
  • 第72回日本癌学会学術総会: インターナショナルセッション「BRCA1の機能解析」太田智彦. 2013年10月
  • 第86回日本生化学学会大会: シンポジウム「DNA損傷応答とBRCA1ユビキチンリガーゼ」太田智彦. 2013年9月
  • 第11回日本臨床腫瘍学会集会: ワークショップ「乳がん化学療法感受性バイオマーカーとしてのDNA相同組み換え修復機構」太田智彦. 2013年8月
  • 第65回日本細胞生物学会大会: シンポジウム「DNA損傷応答におけるBRCA1、ClaspinおよびHERC2の相互作用」太田智彦、佐藤工、呉文文. 2013年6月
  • 15th International Congress on Hormonal Steroids and Hormones & Cancer: シンポジウム「Agent-specific cellular chemosensitivity attributed to loss of BRCA1 E3 ligase activity」太田智彦. 2012年11月
  • 第71回日本癌学会学術総会: シンポジウム「DNA replication and checkpoint regulated by HERC2 and BRCA1 E3 ubiquitin ligases」Tomohiko Ohta. 2012年9月
  • 第70回日本癌学会学術総会: English session「HERC2 interacts with Claspin and regulates replication fork progression and origin firing」Naoki Izawa, Fumio Itoh, Tomohiko Ohta. 2011年10月
  • 第19回日本乳癌学会学術集会:プレジデンシャルシンポジウム「トリプルネガティブ乳癌に対する治療戦略」太田智彦、前田一郎、津川浩一郎. 2011年9月
  • 第69回日本癌学会学術総会: シンポジウム「乳がんのDNA相同組換え修復異常とユビキチン」太田智彦.2010年9月
  • EMBO Workshop・The Interface between the Ubiquitin Family and the DNA Damage Response:「Recruitment of phosphorylated NPM1 to sites of DNA damage through RNF8-dependent ubiquitin conjugates」Ayaka Koike, Hiroyuki Nishikawa, Wenwen Wu, Yukinori Okada, Ashok R Venkitaraman, Tomohiko Ohta. Sep, 2010.
  • 第18回日本乳癌学会学術集会:シンポジウム「DNA損傷応答と乳癌の薬剤感受性」太田智彦、浅川英輝、呉文文. 2010年6月
  • The 23rd International Symposium of the Foundation for Promotion of Cancer Research“Recent Progress on Breast Cancer: Challenges to Integration of Emerging Sciences” : Invited Presentation「THE DNA DAMAGE REPAIR PATHWAY IN BREAST CANCER CHEMOTHERAPY」 Tomohiko Ohta. Apr, 2010.
  • 第109回日本外科学会学術総会:パネルディスカッション「BRCA1機能不全をtargetにした乳癌の化学療法」太田智彦、小池彩華、浅川英輝、福田護.2009年4月
  • 第67回日本癌学会学術総会:シンポジウム「BRCA1を標的とするユビキチンリガーゼの同定」太田智彦. 2008年10月
  • 第16回日本乳癌学会学術総会:シンポジウム「BRCA1の機能から考えたBasal-like 乳癌の薬剤感受性」太田智彦、呉文文、小泉宏隆、福田護. 2008年9月
  • The 26th Congress of the International Association for Breast Cancer Research (IABCR): Presidential Symposium 「DNA double-strand break repair mediated by BRCA1」Tomohiko Ohta, Wenwen Wu, Ayaka Koike, Mamoru Fukuda. Sep, 2008.
  • 2nd JCS-AACR Special Joint Conference (第2回日米癌学会合同カンファレンス):Invited Presentations 「Candidate substrates of BRCA1 in its multiple cellular functions」Tomohiko Ohta. Jul, 2008.
  • 第14回日本家族性腫瘍学会学術総会:シンポジウム「BRCA1カスケードによる遺伝子恒常性維持と家族性腫瘍」太田智彦. 2008年5月
  • The 23th Nagoya International Cancer Treatment Symposium: Invited Presentations「Cooperation of BRCA1 and ubiquitin in the DNA damage response」Tomohiko Ohta. Jan, 2008.
  • 第66回日本癌学会学術総会:シンポジウム「細胞周期およびDNA損傷反応におけるBRCA1ユビキチンリガーゼの分子機能」太田智彦、呉文文、福田護. 2007年10月
  • 日本分子生物学会2006フォーラム:シンポジウム「多様な細胞内径路を制御するBRCA1のユビキチンリガーゼ活性」太田智彦、呉文文、福田護. 2006年12月
  • 第49回日本放射線影響学会:シンポジウム「Roles of BRCA1’s Enzyme Activity in the Maintenance of Genomic Stability」Tomohiko Ohta. 2006 September
  • 第43回日本臨床分子医学会学術集会:シンポジウム「BRCA1の酵素活性による乳癌および卵巣癌抑制」太田智彦. 2006年7月
  • 第12回日本家族性腫瘍学会学術総会:シンポジウム「乳癌および卵巣癌抑制遺伝子産物BRCA1の酵素活性」太田智彦. 2006年5月
  • 第95回日本病理学会総会:シンポジウム「乳癌および卵巣癌抑制におけるBRCA1酵素活性の役割」太田智彦. 2006年4月
  • 第28回日本分子生物学会年会:ワークショップ「ゲノム安定性におけるBRCA1ユビキチンリガーゼ活性の役割」太田智彦、呉文文、福田護. 2005年12月
  • 第78回日本生化学会大会:シンポジウム「Cellular pathways involving BRCA1 ubiquitin ligase」Tomohiko Ohta, Wenwen Wu, Mamoru Fukuda. October, 2005.
  • 第64回日本癌学会学術総会:シンポジウム「乳癌抑制遺伝子BRCA1のユビキチンリガーゼ活性」太田智彦. 2005年9月
  • 第13回日本乳癌学会学術総会:パネルディスカッション「散発性乳癌のバイオマーカーとしてのBRCA1カスケード」太田智彦、福田護. 2005年6月
  • 第63回日本癌学会学術総会:ワークショップ「BRCA1-BARD1ユビキチンリガーゼの新しい基質、NPM/B23」太田智彦、佐藤工、速水亮介、呉文文、奥田順子、福田護. 2004年9月
  • 文部科学省特定領域細胞周期国際ワークショップ:「Role of Ubiquitin Ligase Activity in the Tumor Suppressor Function of BRCA1」Tomohiko Ohta. Oct, 2003.
  • 第76回日本生化学会大会:シンポジウム「Novel Lys-6-linked Polyubiquitin Chains Catalyzed by BRCA1-BARD1 Ubiquitin Ligase」Tomohiko Ohta, Hiroyuki Nishikawa, Mamoru Fukuda. Oct, 2003.
  • 第26回日本医学会総会:シンポジウム「乳癌抑制遺伝子BRCA1のユビキチンリガーゼ活性」太田智彦. 2003年4月
  • 第9回日本乳癌学会学術総会:パネルディスカッション「BRCA1の新しい機能の発見と家族性乳癌の治療応用への展望」太田智彦、橋詰倫太郎、小宅大輔、前田一郎、西川裕之、宮本圭子、矢吹由香里、緒方晴樹、福田 護. 2001年6月
  • 第22回日本分子生物学会年会:ワークショップ「Multiple ROC-Cullin ubiquitin ligases」太田智彦、Yue Xiong. 1999年12月
unt >