MENU

Marianna Today

  1. TOP
  2. Marianna Today
  3. 2019年4月1日より、大学病院に3つのセンターを開設いたしました

2019年4月1日より、大学病院に3つのセンターを開設いたしました

2019年4月1日より、大学病院に3つのセンターを開設いたしました。今後もより一層診療体制を充実させ、当院の理念「生命の尊厳を重んじ、病める人を癒す、愛ある医療を提供する」を体現いたします。

リハビリテーションセンター

センター長 木 田 圭 亮
リハビリテーションセンターでは、さまざまな病態、疾患、外傷などにより生じた機能障害を回復し、残存した障害を克服しながら人々の活動を育むことができるように、全ての診療科と連携を図り、包括的かつ合理的な診療を行います。さらに、患者さんおよびご家族が抱えている精神・心理的や社会的な問題についても、多職種連携のチーム医療により、様々な手段を使って早期退院・早期社会復帰をサポートしてまいります。


緩和ケアセンター

センター長 月 川 賢
4月から緩和ケアセンターが新たにスタート致します。
緩和ケアチームを中心に外来や入院患者さん、更には在宅医療の患者さんに切れ目のない緩和ケアを提供してゆく予定です。主な機能は次のとおりです。
1.がん看護外来
2.緊急緩和ケア病床における症状緩和
3.地域医療機関との連携
4.患者・家族に対する緩和ケアに対する高次の相談支援
5.緩和ケア研修会等の運営


ゲノム医療推進センター

センター長 山 野 嘉 久
ゲノム医療とは、個々人の体質や病気の性質を決める「ゲノム」という遺伝情報の変化を調べて、ひとり一人の体質や病状に合った最適な治療や予防(個別化医療)を行うことです。当院は厚生労働省から「がんゲノム医療連携病院」に認定されており、当センターでは、「がん」や「先天性・遺伝性疾患(難病を含む)」などの患者様へ、ゲノム検査から遺伝カウンセリングまで、総合的なゲノム医療を円滑かつ迅速に提供できるよう努めて参ります。