大学院概要

附属研究施設

 大学院附属研究施設は、大学院の高度化、活性化及び実質化を目標とし、先端科学技術や学際分野の発展にも十分対応し、国際的な評価に耐え得る高度化を意図して設立された。
 本施設にはアイソトープ研究施設、実験動物飼育管理研究施設、電子顕微鏡研究施設、医用生体工学研究施設、先端医学研究施設の5施設がある。さらに先端医学研究施設の中に分子生物学部門、培養研究部門、プロテオミクス研究部門、再生医学研究部門の4部門を置く。医学部本館6階にはアイソトープ研究施設、実験動物飼育管理研究施設、医学部本館3階には医用生体工学研究施設と先端医学研究施設の4部門、医学部本館1階には電子顕微鏡研究施設が位置している。
これらの研究施設には共同で利用される大型研究設備や各種研究用機器が設置され、基礎及び臨床講座並びに大学院の教育、研究に、さらに学生の実験実習等に幅広く利用されている。独自の教育研究活動を行うとともに利用時間の調整を図り、設備・機器の保守点検、環境整備、教育訓練、各種情報の提供等を行っている。

(1)アイソトープ研究施設(Institute of Radioisotope Research)

 本施設は、放射性同位元素を利用して医学の教育及び基礎的研究を行うための研究施設です。放射性同位元素及び放射性同位元素で標識された化合物は、それぞれ生体内において、非放射性の同位元素や化合物と同じ挙動を示します。
 したがって、放射線を測定することによって、試験管内の反応を追跡することができるばかりでなく、いろいろな物質の生体内における移動や代謝を研究することができます。放射線は微弱であっても鋭敏に検出することができるので、医学研究に放射性同位元素の利用は欠くことのできないものとなっています。
 この研究施設の各種の実験室、放射性同位元素の貯蔵庫、放射性廃棄物の保管廃棄室、汚染検査室などには、研究に必要な各種機器、実験装置、放射線測定装置、放射性廃棄物処理装置などが設置されています。遺伝子の研究でも放射性同位元素を利用するため、本施設のなかにP2レベル遺伝子組換え実験室が設置されています。遺伝子研究のための種々の機器も設置されています。
 放射性同位元素の利用にあたっては、目的が医学の研究であっても法律によって厳しく規制されており、又、遺伝子組換え実験に関する規制も平成16年2月から法制化されました。本施設には、施設内の放射線量を測定するモニターばかりでなく、一般環境へ放射性物質が漏出しないようチェックするためのモニターなど、警報装置付きの機器が多数設置されています。遺伝子組換え実験についても、バイオハザード対策が充分にとられています。研究者に対しては定期的な健康診断が実施されるほか、放射線被曝管理や放射性同位元素の安全取扱い及び遺伝子組換え実験に関する教育訓練も行われています。
 本施設を利用して、本学の基礎、臨床各講座からの研究者は、毎年多数の業績を挙げています。さらに大学院生ほか多数の若い研究者たちが、続々、学位論文を発表しています。

(2)実験動物飼育管理研究施設(Institute for Animal Experimentation)

 医学の教育と研究が大きく前進するかげには、人間の生命の代償として新たに尊い生命を失っていく幾多の実験動物が必要とされます。
 本施設は、大学本館6階の東西ウィングの東端に位置する典型的なビル最上階利用の中央飼育集中管理方式をとっています。これは実験動物の快適な居住性を考慮し、外界からの異常なストレスから保護された正常実験動物の飼育の場とすると共に、飼育管理作業の円滑とバイオハザード即ち相互感染防御と安全環境を保持するためです。
 本施設には、マウス、ラット、ハムスター、モルモット及びウサギの飼育室と、各研究者が各自の講座の研究実験に動物を運ぶことなく実験することのできる動物実験室及びクリーニング室からなる実験小動物施設、犬飼育室、移動型手術用X線テレビを有する手術室、滅菌消毒室、検疫室からなる実験用犬施設があります。
 実験動物の飼育管理は、監督官庁の行政指導下にあって法的にまた、実験動物飼養に関する倫理規範に基づいて厳しく規制されています。搬入動物はすべて利用者会議によって統制され、人も動物も相互感染防御・安全環境下で教育・研究が達成できるよう図られています。
 本施設を利用する研究者は年々増加の傾向にあり、教育・研究用の他、学生実習用として動物が使用されています。本施設独自に、臨床医学研究に利用できる疾患モデル動物の研究に着手、現在本態性高血圧発症ラット、高脂血症自然発症ラット等一部遺伝学的に、一部は人工的に開発した疾患モデル動物が開発育種されています。
 組換えDNA実験のための遺伝子導入動物室も設置されています。

(3)電子顕微鏡研究施設(Institute of Ultrastructural Morphology)

 本研究施設は医学部本館1階に設置された共同利用研究施設です。主要な機器は、細胞内部構造を観察するための80万倍分解能0.2nmの能力を有する透過型電子顕微鏡と、細胞表面構造観察用の80万倍分解能1.0 nmの能力を持つ走査型電子顕微鏡が設置されています。周辺機器として、ウルトラミクロトーム、電顕プロセッサー、真空蒸着装置、臨界点乾燥装置などがあります。
 利用者は、「電子顕微鏡研究施設利用手引き」に準じた利用手続きをすると施設使用ができます。各利用者の電顕技術の向上と機器利用について便宜を図るため、試料作製や機器操作の講習会を開催しています。さらに医学生物学電子顕微鏡技術学会などの情報提供、ならびに技術相談や共同研究等も行っています。

 今後、形態学分野における超微形態技術は高度化し、新技術の研究開発と細胞生物学への活用がますます期待されています。

(4)医用生体工学研究施設(Institute of Medical Biomechanics)

 現代の医学・医療の進歩は目覚ましいものがあり、これらの進歩は医学そのものの進歩も然ることながら、医学を取りまく多くの分野の進歩に依るところも大きい。なかでも理学・工学の進歩が医学の進歩に大きく貢献してきた。
 医学と工学の一つの接点が医用生体工学であり、夫々の学際領域の協調の場である。欧米では、このような研究施設の立派なものが幾つもあり、活発な研究が行われている。わが国でも、あちこちの大学にこのような施設が開設され、既に幾多の業績が報告されている。
 本学では本施設が平成2年度に発足し、大学本館3階東ウィング北側にある。平成4年度には私立学校施設整備費補助金を受け、インストロンデジタル制御万能材料試験機4502型が設置された。平成8年度は、日本私立学校振興・共済事業団より大学院重点特別経費-研究科特別経費の補助金を受け更なる整備が進められている。未だ萌芽期ではあるが、やがて国内外の同様な施設に十分に伍していける迄に発展することが期待できる。
 この他、大学本館地下に電子スピン共鳴測定装置があり、ex vivoおよびin vivoで生体や組織のフリーラジカル・活性酸素の測定が可能であり、幾つかの研究グループが共同利用している。

(5)先端医学研究施設(Institute of Advanced Medical Science)

1)分子生物学部門(Department of Medical Molecular Biology)

 P2レベル遺伝子組換え実験室が設置されており、疾病に関与する遺伝子の構造・機能を調べることにより、全く新しい診療・治療及び疾病予防の方法を開発するために利用されている。最新のDNAシークエンサー、PCR機、安全キャビネット、細胞培養機器、バイオハザード対応遠心機など分子生物学的研究に必要な種々の機器が設置されている。また、タンパク質-タンパク質相互作用を研究するのに有効なBIACOREも設置されている。

2)培養研究部門(Department of Applied Cell Medicine)

 機能形態学分室として利用されていた、細胞培養、組織培養室は、この度培養研究部門として独立した。本部門は、各々の実験目的に応じて動物細胞、ヒト細胞、樹立細胞研究用培養室と大きく3種類の培養室に区分けされ、独立した設計になっている。機能形態研究ばかりで無く、現在ハイブリット型再生気管作成のための気管上皮細胞ならびに線維芽細胞の培養が実施され、既にプロトタイプの作製にも成功し再生肺へのアプローチもしている。将来の組織工学(再生医学)の臨床応用を視野に入れた研究が進められるように、各種組織由来細胞の幹細胞(特にSomatic Stem Cell)培養法の樹立も同時に手掛けている。

3)プロテオミクス研究部門(Department of Proteomics)

 ポストゲノム時代における疾患解析の標的である蛋白質の解析を行う部門である。臨床検体および培養細胞中の蛋白質群の量的および質的変化を網羅的にとらえ、変化する蛋白質の機能的な相互作用を検証し、病態の分子生物学的機序を理解することを目的とする。基本的な操作の流れは、サンプル中の蛋白質を2次元電気泳動で分離後、マルチプル・イメージ・アナライザーを用いて疾患特異的に発現、消失または修飾を受けている蛋白質を検出する。検出した蛋白質の断片の質量を質量分析器(マススペクトロメーター)を用いて決定し、蛋白質データバンクを用いて当該蛋白質を同定する。同定された蛋白質の生理的機能を生化学的な手法と共焦点レーザー顕微鏡を用いた細胞形態的手法で解析する。

4)再生医学研究部門(Department of Regenerative Medicine)

 本部門では将来の臨床応用を目指して再生医学、再生医療の基礎的、前臨床的な検討を行っている。近年様々な臓器・組織において幹(stem)細胞の存在が確認された。幹細胞は長期間にわたり自己複製する能力と様々な細胞に分化する能力を持つ。これまで表皮・血液・生殖器等の一部の臓器・組織を除いて、中枢神経系や心臓など分化が進んだ実質臓器には多分化能を備えた幹細胞は存在せず、これらの組織は再生しないと考えられてきた。最近になり大脳の海馬や膵臓など多くの臓器において幹細胞が発見されこれらの臓器の再生の可能性が認識されるようになった。本部門では、哺乳動物の胚に由来する胚性幹(ES)細胞を中心に研究を行っている。ES細胞は三胚葉の全ての臓器に分化する多分化能を備え同時に無限に自己複製する増殖能力も持ち、移植臓器・組織の細胞源として大変魅力的な細胞である。ヒトにおいてもES細胞が樹立できることが報告され、ヒトでのES細胞を用いた再生医療が現実性を持つようになってきている。
 現在、本学の臨床系教室との共同で中枢神経、心筋細胞、造血幹細胞、血管内皮細胞、軟骨細胞、角膜上皮細胞等への分化誘導実験とそれらを用いた移植研究を進めており、多くの新知見が得られつつある。