本施設のご紹介

本施設について

研究施設概要

 

大学院アイソトープ研究施設
                         施設長  松井宏晃
  
 大学院アイソトープ研究施設は、本学の大学院附属教育研究施設の一つとして、
 医学部本館6階および難病治療研究センター4階に設置されています。研究施設には、共同で利用される各種研究機器が設置されており、放射性同位元素(ラジオアイソトープ、RI)を用いた医学教育ならびに基礎的・臨床的医学研究が行なわれています。   
 研究施設への入退室は、カードキー方式で、コンピュータ管理されています。研究施設には、RI実験室(P2レベルの遺伝子組換え実験室を含む)、RI貯蔵庫、汚染検査室、廃棄物の保管廃棄室、廃棄物処理装置などが設置されています。本施設内の放射線量測定用モニターはもとより、本学周囲の一般環境へ放射性物質が漏出しないよう、常時監視するための放射線量測定用モニターが設置されており、 安全に研究が行えるようになっております。
  研究施設内の管理室には安全管理者がおり、 RIの発注、受注をはじめ、機器のメンテナンス、利用者に対する定期的な健康診断、RI安全利用のための教育訓練なども含め、本学における医学教育・研究を支援する様々な業務を行っています。
 言うまでもなく、RIの利用は、放射線障害防止に関する法令によって厳しく規制されております。また、遺伝子組換え実験も法的な規制を受けるようになりました。これらの事柄を踏まえて、本学では『聖マリアンナ医科大学放射線障害予防規程』、ならびに『聖マリアンナ医科大学遺伝子組換え実験安全規程』を定めております。これらの主旨を十分ご理解頂き、 本研究施設におけるRIの安全利用にご協力をお願いいたします。

 

Get ADOBE READER
※PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから無料で行えます。