カリキュラム

入学受け入れ、教育課程編成・実施および学位授与に関する方針について

 本学大学院医学研究科では、その目的を「医学に関する学術の理論および応用を教授研究し、その深奥をきわめ、または、高度の専門性が求められる業務を担うための卓越した能力及び深い学識を培い、文化の進展に寄与すること」と定めています。(大学院学則第2条)。この目的に沿って、入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 、学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)を以下のように策定しています。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 本学は、キリスト教的人類愛に根ざした「生命の尊厳」を基調とする医師としての使命感を自覚し、人類社会に奉仕しうる人間の育成、ならびに専門的研究の成果を人類の福祉に活かして行く医師の養成を建学の精神としており、この建学の精神と冒頭に記した本大学院の目的を理解し、医学研究者として、医学教育者として、あるいは医学に係わる高度専門職業人として成長できる者の入学を許可しています。
 具体的には

  1. 自立した研究者として積極的に医学研究を行う意欲のある者。
  2. 不断の探究心を有し、国際的視野に立ち医学研究を遂行できる者。
  3. 自ら新たな知見や技術を理解・吸収し、成長できる者。
  4. 豊かな人間性を有し、人類社会に貢献できる者。

 また、社会人を対象としたコースも開設し、社会のニーズにも対応しています。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大学院教育では、学習・研究能力の最も高い時期に優れた指導者の下で研究に専念することが重要であり、本大学院では、各専攻分野(コース)に特論を含む必修科目を配するとともに、幅広い知識・技能・医の倫理が修得できるよう選択科目も設けています。
 また、各専攻分野(コース)の授業科目を補うため、医学研究に必要な基礎知識を身につけられる「総合教育科目」、専攻分野の枠を超えて様々な学際的分野の最新知識を学ぶことができる「最新医学講義」も開設しています。
 その根底にあるのは、大学院で学んだ高度な研究能力・専門知識・技能が、国際的に活躍できる医学研究者として、医学教育者として、あるいは医学に係わる高度専門職業人として成長するための基礎になると考えているからです。

学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

 本大学院医学研究科に4年以上在学し、所定の単位を履修するとともに、医学に関する卓越した能力と深い学識を身につけ、学位論文が学術雑誌に公表または公表予定とされた上で、最終試験に合格することを学位授与(博士(医学))の要件としています。
 なお、優れた業績を挙げた者については、在学年限を3年とすることがあります。