本施設のご紹介

本施設のご紹介

1.規程関係

聖マリアンナ医科大学 動物実験規程

2.自己点検・評価および外部検証関係

平成24年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書
平成25年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書
平成26年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書
平成27年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書
平成28年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書
平成29年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書

外部評価結果

 

3.飼養及び保管の状況

飼養保管した実験動物の種類と数

 
平成24
年度
平成25
年度
平成26
年度
平成27
年度
平成28
年度
平成29
年度
動物種
数 
数  
数  
数  
数 
 マウス
1,655
2,128
2,657
2,033
2,119 
1,467
 ラット
622
571
589
622
476 
364
 スナネズミ
23
0
0
0
0
コットンラット 
7
4
4
40
10 
0
ウサギ
 52
 57
 48
 46
30 
24
イヌ
 11
 10
 9
 9
0
モルモット
 3
 2
 17
 16
5
ハムスター
 0
 0
 1
 0
2
 
平成25年
3月末日
平成26
3月末日
平成27
3月末日
平成28
3月末日
平成29
3月末日
平成30
3月末日

 

 

機関の長によって承認された飼養保管施設

  1. 大学院実験動物飼育管理研究施設
  2. 難病治療研究センター実験動物研究施設

 

4.その他

1)動物実験計画書の年間承認件数

 
平成24
年度
平成25
年度
平成26
年度
平成27
年度
平成28
年度
平成29
年度
動物実験計画書
83
84
95
105
96
94
遺伝子組換え
動物実験計画書
24
23
35
37
35
30

 

2)教育訓練の実績

平成24年度 

  開催日時 受講者数
第23回 平成24年5月12日 46
第24回 平成24年5月21日 13
第25回 平成24年11月7日 3
第26回 平成24年11月12日 4

平成25年度

  開催日時 受講者数
第27回 平成25年5月11日 60
第28回 平成25年5月20日 40
第29回 平成25年5月24日 32
第30回 平成25年5月30日 25
第31回 平成25年6月4日 16
第32回 平成25年6月12日 27
第33回 平成25年11月6日 11
第34回 平成25年11月11日 17

平成26年度

  開催日時 受講者数
第35回 平成26年5月9日 47
第36回 平成26年5月22日 17
第37回 平成26年11月12日 17
第38回 平成26年11月17日 6

平成27年度

  開催日時 受講者数
第39回 平成27年5月9日 48
第40回 平成27年5月22日 10
第41回 平成27年11月16日 9
第42回 平成27年11月25日 12

 平成28年度

  開催日時 受講者数
第43回 平成28年5月14日 52
第44回 平成28年5月27日 14
第45回 平成28年11月16日 5
第46回 平成28年11月21日

6

平成29年度

  開催日時 受講者数
第47回 平成29年5月13日 50
第48回 平成29年6月8日 16
第49回 平成29年11月13日 15
第50回 平成29年11月29日 15

平成30年度

  開催日時 受講者数
第51回 平成30年5月12日 56
第52回 平成30年5月21日 17
第53回 平成30年6月14日 7
第54回 平成30年11月14日 7
第55回 平成30年11月27日 3

 

実施内容の概略

  1. 動物実験に関する法規,本学の規程等の説明
  2. 実験計画書の申請について
  3. 実験動物の飼養・保管に関する基本事項
  4. 動物実験に関する基本事項
  5. 遺伝子組換え動物について(法規および動物の取り扱い)
  6. 施設の利用について
  7. その他(災害時の対応等)

 

3)実験動物委員会

動物実験委員会委員一覧

  職位 氏名 講座名 区分※
委員長 大学院教授 熊井俊夫 遺伝子多型・機能解析学 1
副委員長 大学院教授 松井宏晃 アイソトープ研究施設 1
委員 教授 舩橋利也 生理学 1
委員 教授 池森敦子 解剖学 1
委員 大学院教授 山野嘉久 難病治療研究センター 1
委員 准教授 末松直也 生化学 1
委員 講師 浅井大輔 微生物学 1
委員 講師 渡辺 実 実験動物飼育管理研究施設 2
委員 講師 藤井亮爾 難病治療研究センター 2
委員 講師 上野隆彦 医学統計学 3

平成30年12月1日現在

※区分の数字はそれぞれ、(1)動物実験等に関して優れた識見を有する者、(2)実験動物に関して優れた識見を有する者および(3)その他学識経験を有する者を示す。