病院のご紹介

病院情報の公表

平成27年度 川崎市立多摩病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

 
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1301 243 324 386 683 777 1315 1877 1557 338
【定義】
DPC対象患者の入院時点の年齢を10歳ごとに集計を行いました。

【結果】
DPC対象患者数は8,801名となっており、60歳以上の割合は、57.8%となっています。
当院は、小児救急二次輪番制度で365日当番病院となっている事から、10歳未満の患者数割合は、14.8%と高くなっています。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 
内科(総合診療内科+腎臓内科+代謝内分泌内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 143 2.6 3.4 1.4 71.5 経皮的血管形成術1泊2日

経皮的血管形成術2泊3日
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 130 14.3 14.4 2.3 70.5  
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 98 17.7 15.4 1.0 61.9  
【結果】
内科は総合診療内科と腎臓内科と代謝内分泌内科を合算しました。
1番目の症例は、透析を行うためのシャント再作成やシャント血栓除去の手術症例になります。2番目の症例は肺炎ですが、詳細は下ページの「成人市中肺炎の重症度別患者数等」も合わせてご覧ください。
3番目の症例は、糖尿病ですが、栄養、運動、服薬などの各種指導を多職種で行う教育入院を実施しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 211 2.5 3.1 0.5 67.9  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 121 3.6 4.9 0.0 68.4 経皮的冠動脈形成術1泊2日

経皮的冠動脈形成術2泊3日
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 22.0 18.3 5.5 82.8  
【結果】
狭心症、心不全、虚血性心疾患の疾患の患者さんが多く入院しています。
狭心症、虚血性心疾患では、心臓カテーテル検査による入院が多く、その後、経皮的冠動脈ステント挿入術等のカテーテル治療が2位となっています。
心不全は、高齢者が罹患する事が多く、当院での治療後は、療養型病院または施設へ転院するケースが多くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 29 15.1 14.3 3.4 73.6  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 15.4 15.0 18.2 72.9  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 22 18.1 20.6 9.1 71.0  
【結果】
肺炎、肺がんの疾患の患者さんが多く入院しています。
肺炎は細菌性による肺炎となっています。肺炎につきましては、下ページの「成人市中肺炎の重症度別患者数等」も合わせてご覧ください。
 
消化器内科(消化器・肝臓内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 16.0 10.9 0.0 73.8  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 69 14.9 12.0 1.5 76.8  
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 49 2.7 2.8 0.0 67.5 内視鏡的粘膜切除術
【結果】
胆管結石、肝臓がん、大腸の良性腫瘍の患者さんが多く入院しています。
胆管結石では、内視鏡的手術を行っています。平均年齢が比較的高齢なことから全国平均と比較し若干に入院日数が長い結果となりました。
肝・肝内胆管の悪性腫瘍では、血管塞栓術という血管内治療を実施しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 29 17.7 18.1 24.1 70.6  
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 17.0 15.8 18.5 75.1  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 20.2 21.7 12.0 82.2 嚥下機能評価
【結果】
脳梗塞、誤嚥性肺炎による症例が多くなっています。
急性期脳梗塞では、エダラボンの点滴、早期リハビリテーションの開始を実施しており、後遺症の予防に努めています。
また、いずれの症例も転院率が高いのも特徴です。入院時より、社会福祉士、退院調整看護師が介入しサポートを行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 394 6.0 5.7 0.0 2.8  
040080x1xxx0xx 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 157 7.0 6.3 0.0 3.0  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 111 5.2 6.2 8.1 0.0  
【結果】
肺炎や気管支炎、喘息といった呼吸器疾患が多くなっています。小児医療3の65日二次輪番体制により、昼夜問わず患者さんを受け入れています。
3番目の症例では、低出生体重児(2,500未満)の入院になます。当院の指定管理者でもある聖マリアンナ医科大学では、大学病院に総合周産期母子医療センターが設置され、万全の転院体制をとっています。
外科(消化器・一般外科+乳腺内分泌外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 80 6.0 7.8 0.0 56.2 腹腔鏡下胆嚢摘出術
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 59 4.5 6.8 0.0 56.0 乳房手術
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 57 5.9 6.7 0.0 40.7  
【結果】
外科は、消化器一般外科と乳腺内分泌外科を合算したものになります。
最も多い症例は、鼡径ヘルニアですが、DPC対象外のため、胆嚢炎、乳がん、虫垂炎が上位となりました。
胆嚢炎では、腹腔鏡下の手術を実施することで、患者さんへの身体の負担も少ないことから入院日数も比較的短縮しています。
 
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 36 21.9 18.1 36.1 74.0  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 12.2 10.0 8.0 78.3  
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 21 3.7 3.0 0.0 68.3  
【結果】
急性期の脳梗塞、頭蓋内損傷、脳血管障害の症例が多くなっています。
急性期の脳梗塞では、血栓溶解療法を実施しています。急性期治療のみを当院で行うため、転院率は高くなっており、入院時より社会福祉士、退院調整看護師が介入し退院調整を行っています。
 
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 107 32.7 28.7 41.1 84.3 観血的整復固定術(大腿)

人工骨頭置換術
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 81 3.4 5.7 0.0 53.5  
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 53 4.6 5.4 0.0 24.7  
【結果】
高齢者の大腿骨骨折が最も多くなっています。当院で手術後、リハビリテーションを継続して行う為、回復期リハビリ病院等への転院率が高くなっています。また、転院先のベット空きを待つために、在院日数も若干長い結果となりました。
 
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 29 3.1 4.4 0.0 47.7  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 20 2.2 3.5 0.0 72.2  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 8 3.3 5.9 0.0 33.9  
【結果】
皮膚、皮下における良性腫瘍(脂肪腫)の摘出による症例や眼瞼下垂の修復が多い結果となりました。1番目の症例では、腫瘍の大きさ(4cm以上)や発生部位により短期の入院扱いとなります。
 
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 89 5.2 7.6 0.0 73.2  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 74 3.2 5.9 0.0 59.8  
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 29 5.5 6.9 0.0 55.1  
【結果】
膀胱腫瘍、上部尿路疾患(腎または尿管結石)が多い結果となりました。いずれの症例も手術目的の入院であり、侵襲性の低い経尿道的手術を行っています。
 
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 57 1.3 2.3 0.0 34.8  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 48 9.2 10.2 0.0 43.7  
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 31 1.1 2.5 0.0 47.7  
【結果】
当院では、悪性腫瘍の診療を原則行っていないため、子宮の良性腫瘍(子宮筋腫)や、式結友の非炎症性障害(子宮内膜増殖症)などの症例が多い結果となりました。ハイリスクが予想される周産期分野や悪性腫瘍については、当院の指定管理者でもある聖マリアンナ医科大学の大学病院に総合周産期母子医療センターが設置され、万全の転院体制をとっています。
 
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 12 7.0 8.0 0.0 68.0  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 12 10.1 9.6 0.0 76.1  
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 4 12.5 7.9 0.0 66.5  
【結果】
最も多い結果は白内障の手術目的入院となりますが、DPC対象外となるため、黄斑・後極編成、緑内障疾患が多い結果となりました。
いずれの症例も手術目的の入院であり、両眼の手術を行う場合は、片眼ずつの入院が多くなっています。
 
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 37 10.6 9.6 0.0 52.3 突発性難聴
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 30 8.2 8.2 0.0 21.8 扁桃摘出術
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 20 6.8 5.5 0.0 39.3  
【結果】
突発性難聴、扁桃腺炎などの疾患が多い結果となりました。突発性難聴では点滴、内服による治療となり、扁桃、アデノイドの慢性疾患では、扁桃腺またはアデノイドの切除を全身麻酔下で行っています。約半数が15歳未満の患者さんとなっており、年齢層が低いのも特徴です。3番目の症例は抗生剤投与による治療を行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 55 15 17 36 2 19 1 7
大腸癌 53 32 37 39 8 28 1 7
乳癌 42 23 2 1 1 1 1 7
肺癌 5 4 4 50 11 4 1 7
肝癌 6 13 37 0 1 45 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【結果】
5大がんについて、入院治療を行った初発患者の病期分類による患者数、再発患者の患者数を示しています。当院においてがんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。
がんの病期分類は、病期・進行度を意味しており、上記の表のStageの大きさで分類されており、Ⅳが最も進行していることになります。不明の項目は診断を行うための検査目的の入院になります。
大腸がんが最も多く、次いで胃がん、肝がんという結果になりました。
当院では、手術、抗がん剤治療など患者さんに合わせた治療法を選択し治療を行っています。また、医師、看護師、薬剤師などで構成される緩和ケアチームがあり、患者さんの苦痛を和らげる活動も行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

 
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 44 8.3 47.7
重症度 1 54 14.4 78.1
重症度 2 33 16.7 81.0
重症度 3 14 17.4 81.7
重症度 4 6 11.2 87.0
重症度 5 2 6.5 80.5
不明 0 0.0 0.0
【結果】
成人の市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。日本呼吸器学会の成人市中肺炎診療ガイドラインに掲載されているA-DROP分類を用いて分類しています。年齢(A)、脱水(D)、呼吸(R)、見当識(O)、血圧(P)のデータを用いて分類しています。当院では、軽傷から中等症までが多く、重症度が高くなるにつれ年齢が高齢になるとの結果となっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

 
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 12 6.8 66.6 0.0
その他 5 6.8 69.2 0.0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.0 0.0 0.0
その他 0 0.0 0.0 0.0
I63$ 脳梗塞 3日以内 167 29.1 73.8 33.7
その他 35 22.3 74.7 4.5
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 2.0 71.0 0.0
その他 34 8.4 72.7 0.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 17.0 55.0 0.0
その他 2 3.0 46.0 0.0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 4.0 41.0 0.0
その他 0 0.0 0.0 0.0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.0 0.0 0.0
その他 0 0.0 0.0 0.0
【結果】
脳梗塞等の入院患者さんをICDコード別に集計しました。ICDコードとは国際的な疾病分類で世界統一コードになります。それぞれ発症から入院までの日数と、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しています。「脳梗塞」の患者さんが最も多く、発症から3日以内に血栓溶解剤やリハビリテーション等の治療を開始しています。比較的他の疾患と比較し、在院日数が長いためは、転院調整に時間を要する症例が多いためです。地域連携パス等を使用し回復期リハビリ病院への転院支援を行っています。

診療科別主要手術別患者数等

 
内科(腎臓高血圧内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 160 2.0 3.0 3.1 71.9 経皮的血管形成術1泊2日

経皮的血管形成術2泊3日
K610-3 内シャント設置術 30 8.6 16.6 6.7 68.9  
- - - - - - -  
【結果】
内科では、透析を行う腎不全の患者さんの透析シャントの拡張・血栓除去の手術が最も多い結果となりました。通常は地域の透析クリニツク等で透析を行っていますが、手術目的で当院へ入院しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 104 2.2 5.2 0.9 69.2 経皮的冠動脈形成術1泊2日

経皮的冠動脈形成術2泊3日
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 45 1.3 2.6 0.0 62.0  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 29 1.5 2.4 0.0 65.6 経皮的冠動脈形成術1泊2日

経皮的冠動脈形成術2泊3日
【結果】
心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患に対し、心臓カテーテル治療の症例数が多い結果となりました。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。緊急手術を除き、事前に心臓カテーテル検査を行い、診断の確定後、これらの治療を行っています。
 
消化器内科(消化器・肝臓内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 213 0.2 1.2 0.0 67.8 内視鏡的粘膜切除術
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 67 4.0 10.5 0.0 76.7  
K721-21 内視鏡的大腸(直腸・盲腸)ポリープ粘膜切除術(2CM未満) 57 0.8 1.6 0.0 68.9 内視鏡的粘膜切除術
【結果】
最も多い手術は、内視鏡的結腸または大腸のポリープ切除術です。ポリープの数や発生部位、年齢等を考慮し入院手術となります。また、この手術は短期滞在手術等基本料3の該当手術であり、2日間の入院が主流となっています。
血管塞栓術については、肝臓がんに対し、血管造影を行いながら、カテーテルで肝臓内の血管に抗がん剤を注入する手術となります。
消化器外科(消化器・一般外科+乳腺内分泌外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 124 1.2 1.3 0.0 65.2 鼠径ヘルニア手術
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 81 1.2 4.2 0.0 56.8 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 60 1.0 2.5 0.0 56.1 乳腺手術
【結果】
ヘルニア手術が最も多い結果となりました。この手術は短期滞在手術等入院基本料3の該当手術であり、3日または4日間の入院となっています。腹腔鏡下胆嚢摘出術では、腹腔鏡を使用することで、低侵襲性化を行い入院期間を短縮化に努めています。乳腺の悪性腫瘍手術では、指定管理者でもある聖マリアンナ医科大学の協力体制のもと手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 32 0.7 15.1 15.6 78.6  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 16 1.1 68.7 81.3 70.8  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 15 10.1 16.3 13.3 73.4  
【結果】
慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する慢性硬膜下血腫洗浄・除去術や脳内出血に対して行う頭蓋内血腫除去術ともに緊急手術による症例が多い結果となりました。転院率が高いのも特徴です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 96 6.1 22.0 34.4 74.9 観血的整復固定術(大腿)
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 96 2.3 7.8 3.1 54.2  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 76 0.9 1.7 0.0 52.8  
【結果】
骨折手術で最も多いのは、大腿骨の骨で次に前腕骨の骨折でした。大腿骨の骨折では、比較的高齢者に発生し、当院で手術、リハビリの実施後、回復期等施設へ転院するケースが多い結果となりました。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 16 0.9 1.3 0.0 51.4  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 15 0.0 1.1 0.0 73.6  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 10 0.9 1.0 0.0 47.2  
【結果】
比較的大きい(長径6cm以上)の皮膚・皮下腫瘍摘出術が多い結果となりました。部位や、腫瘍の深さにより入院適応となります。眼瞼下垂手術も含め全体的に短期入院が多い結果となりました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的、電解質利用) 103 1.5 3.1 0.0 73.3  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 75 1.0 1.3 0.0 59.7  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 31 1.2 3.0 0.0 58.9  
【結果】
一番多い手術は、膀胱がんに対し尿道から内視鏡を膀胱へ挿入し、がんを切除する膀胱悪性腫瘍手術でした。しいずれの症例も内視鏡下で行われる安全かつ侵襲性の低い経尿道的手術を多く行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 50 0.0 0.1 0.0 35.2  
K861 子宮内膜掻爬術 47 0.3 0.3 2.1 46.5  
K877 子宮全摘術 47 1.2 7.2 0.0 46.2  
【結果】
妊娠11週までの流産手術が最も多い結果となっています。次いで、子宮内膜増殖症による子宮内膜掻爬術、子宮筋腫等による、子宮全摘術となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 370 0.2 1.0 0.0 76.7 白内障手術1泊2日(右)

白内障手術1泊2日(左)

白内障手術2泊3日(右)

白内障手術2泊3日(左)
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 16 0.3 6.4 0.0 64.6  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 11 0.5 7.1 0.0 76.3  
【結果】
白内障における水晶体再建術が最も多い結果となっています。短期滞在手術等入院基本料3の該当手術であり、2日間入院が主流となっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 32 1.0 6.5 0.0 23.1 扁桃摘出術
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.9 5.3 0.0 55.9 鼻・副鼻腔手術
K347 鼻中隔矯正術 10 1.0 6.1 0.0 36.1  
【結果】
一番多い症例は、口蓋扁桃手術(摘出)となっています。また、副鼻腔炎に対する内視鏡手術症例も行っています。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 1 0.01
180010 敗血症 同一 12 0.14
異なる 24 0.27
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 196 2.23
異なる 12 0.14
【結果】
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率(全退院患者に対する)を集計しました。入院の契機となった病名と最も医療資源を投資した病名が同じであれば、「同一」、「異なる」ものは合併症等の可能性があります。手術・処置等の合併症の同一が多くなっている原因は、内科(腎臓・高血圧内科)における透析シャントの再作成や血栓除去のための症例となります。
 

更新履歴

2016/09/30
データを公開しました。
2016/11/30
患者用パスを更新しました。