総合周産期母子医療センターについて

総合周産期母子医療センターについて

 2010年3月、聖マリアンナ医科大学病院の本館5階フロアに、総合周産期母子医療センターが誕生しました。
 産科一般病床43床、MFICU(母体胎児集中治療室)6床、NICU(新生児集中治療室)12床、GCU(新生児一般病床)24床を完備。分娩、合併症妊娠、産科救急、胎児・新生児治療など、周産期の母子に生じがちな突発的な事態に適切に対応し、高度な周産期医療を提供いたします。