診療科・部門等一覧

中央手術部

最終確認日:2019/5/10
ご挨拶

中央手術部では専任の麻酔指導認定医や看護師・臨床工学技師などにより、手術室における手術手技、機器の運営を支えています。低侵襲な手術・麻酔の提供を行うために最新の鏡視下手術設備、顕微鏡、生体モニタリングなどを積極的に導入しています。また大学病院ならではの最先端の知識・技術が集約される場として、患者さまが安心・安全な手術が提供できるようスタッフは日々自己研鑽を重ねております。さらに三次救急まで対応した救命救急センターを持つ大学病院の手術部として、多彩・多数の緊急手術を受け入れる為、準備を整えています。
 近年、経カテーテル的弁膜症治療が日本でも行われるようになり、当手術室でも2016年1月から大動脈弁置換術Trans Aortic Valve Replacement(TAVR)の実施施設基準を満たしたハイブリッド手術室において多くのTAVRを施行し2019年3月には国内7番目の指導施設と認定されました。また、僧帽弁閉鎖不全症に対する経皮的僧帽弁接合不全修復術(MitraClip)も2018年4月の国内保険適応後施行10施設に認定され、良好な結果を得ております。循環器内科・心臓血管外科・麻酔科・看護師・臨床工学技師・放射線技師などによるハートチームが協力して安全で効率的な管理を行っています。
 当手術室は2009年度より「バリアンス制度」を導入しています。「バリアンス制度」とは手術に関連した通常の経過を逸脱した場合の申告制度です。バリアンス申告された事例を個々に分析し、医療事故に繋がる事例はないか、システム改善の必要性はあるかなどの検討を重ねています。「バリアンス制度」により透明性のある、より良い手術室を構築する取り組みをしています。

 

手術部看護スタッフと手術部手術部看護スタッフと手術部長

 

モリス【介助犬モリスとの手術室入室】
勤務犬による動物介在療法の1つとして、勤務犬を同伴した手術室入室を受け入れ、小児頻回手術患者などに良好な麻酔導入を得ています。


中央手術部 (2018年度手術件数実績表(定時・緊急))

(診療科別)

定時(件数)

緊急(件数)

合計(件数)

呼 吸 器 内 科

30

1

31

循 環 器 内 科

313

13

326

消 化 器 内 科

2

1

3

腎 臓 高 内 科

136

5

141

     

1

0

1

     

0

0

0

神 経 精 神 科

425

0

425

       

40

1

41

消化器一般外科

718

291

1009

心臓 血管 外科

320

91

411

呼 吸 器 外 科

278

8

286

     

254

69

323

乳腺内分泌外科

789

1

790

脳 神 経 外 科

235

134

369

     

1047

115

1162

     

326

19

345

       

43

1

44

腎泌尿器外科

390

106

496

     

700

151

851

         

1702

145

1847

耳 鼻 咽 喉 科

473

29

502

     

6

1

7

       

0

1

1

【合 計】

8228

1183

9411

術前外来のご紹介

 通常、手術を受ける患者様への麻酔説明は入院後に行っておりました。2016年より入院前に麻酔科の診察、説明を目的とした「術前外来」を立ち上げました。「術前外来」は患者様が手術を受けるための準備が整っているか、追加検査の必要性などを判断し、入院から手術を受けるまでの経過をスムーズにするお手伝いをしています。まだ全手術症例の一部ではありますが月、水、金の週3回「術前外来」を開設しております。

術前外来イメージ