来院・入院の方

病院長のイチ押し!!

病理診断科トピックス

病理外来の紹介

 病理診断科では、病理外来を行っています。がんと診断されたけど、本当にがんなのだろうか?胃癌で胃を切除しなければならないと言われたけれど本当だろうか?などの不安がある時、患者さんとご家族が納得し安心して治療が受けられるようにお手伝いいたします。病理外来では、病理専門医から直接、病理診断についての説明を聞くことができ、病気に対する理解が深まり、治療に積極的になることが期待できます。
 病理診断は、患者さんの体から内視鏡や手術で採った臓器や組織を顕微鏡で観察し、この病気が何であるか、がんであれば、その種類と性格(たちの悪さ)、どのくらい進行しているかなどの判定をすることです。病理診断する医師を病理医といいます。主治医は、病理医によって報告される病理診断結果を元に適切な治療を開始できるので、病理診断の責任は重大です。病理医は、普段、患者さんとは直接接することはありませんが、患者さんが希望すれば、病理医がモニター画面で病理標本を見ながら、病理診断を説明します。