来院・入院の方

病院長のイチ押し!!

消化器・一般外科トピックス

消化器・一般外科のめざすもの

 この度、副院長を拝命いたしました大坪毅人(おおつぼたけひと)です。当院は大学附属病院としての質の高い先進医療を提供するとともに、地域の中核病院として地域のニーズにあった医療を提供しております。これらの医療を提供するために、診療科間のスムースな連絡、連携を保ち続けていることが当院の特徴の一つと言えます。
 私の担当する消化器・一般外科では、先進医療として、消化管(食道、胃、大腸)をはじめとする内視鏡手術や、肝胆膵癌のいわゆる高難度手術を数多く安全に行っております。これらの手術を行うため多く専門医・指導医を擁しております。手術以外の治療についてもシームレスに提供できるよう消化器内科、腫瘍内科とも強い連携をとっております。地域のニーズにあった医療を提供するため救命センターとの連携のもと数多くの外傷手術、虫垂炎や胆道炎などの緊急手術に対応しております。


当院発の最新の胃がん腹腔鏡手術について

 当科では全国に先駆けて胃がんに対する腹腔鏡手術を導入し、現在では進行胃がんを含め当科の手術治療の約7割が腹腔鏡手術です。また高齢や心疾患や以前の開腹手術などによって他院で腹腔鏡手術が難しいと判断され、遠方から紹介を受ける場合もあります。
 さらに当科では、より患者さんの体への負担の少ない新たな術式の開発に常に取り組むとともに、研修や見学の医師を国内外から受け入れることで技術の安全な普及と若手医師の育成に努めています。

 当科では全国有数の治療経験を活かして、より体に優しい負担の少ない術式の開発を行っています。
 胃がんの手術は、胃の切除などの腹腔内(おなかの内)の操作と、ここへ到達するまでの腹壁(おなかの外)操作に分けることができます。胃がんを治すために腹腔内操作は縮小できませんが、腹壁操作は縮小が可能です。そこで当科ではこの腹壁操作に使用する機器を小さくあるいは数を少なくすることで、手術の侵襲(体への負担)を減らす工夫を行っています。
 また腹腔内ですべての手術行程を完結させることで、切除臓器を体外へ取り出す創を痛みが少なく目立ちにくい部位に移動できます。そこで我々は2013年に、胃がんで多く行われる幽門側胃切除を腹腔内で完結するために新たな吻合法を開発しました。これまでの吻合法に較べて、吻合口が広く円形に近い四角形になることからART(Augmented Rectangle Technique)と命名しました。治療成績も良好で患者さんの早期退院にも貢献しています。