お知らせ

当院職員における新型コロナウィルス感染症の発生について(第3報)

聖マリアンナ医科大学病院では、331日に新型コロナウイルスに感染した職員1名が確認されました。同部署で、41日までに新たに2名の職員がPCR検査で陽性となりましたが、42日から現在まで、当該部署で新型コロナウイルス感染症は確認されていません。当該職員は、全員快方に向かっています。

 

新たに47日付で、聖マリアンナ医科大学病院に勤務している1名の職員が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

この職員は、これまでに報告させていただきました3名とは異なった部署であり、特に接触がないため、別の事例であると考えています。

この職員の病状は軽症で、現在快方に向かっています。濃厚接触のあった数名の職員に対しては、自宅待機としています。

健康観察や検査の必要な患者さんに対しては、わかり次第ご連絡を差し上げております。

皆様には、ご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止に全力で努めておりますので、何卒ご理解のほどをよろしくお願いします。

  

2020年49
聖マリアンナ医科大学病院
病院長 大坪毅人