お知らせ

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第15報)

今般、聖マリアンナ医科大学病院の職員から、新型コロナウイルス感染症の発生が1月4日に確認されました。
当該職員は発熱症状を認め、PCR検査を実施したところ感染が確認されました。
患者さんおよび職員に濃厚接触者はおらず、当該職員から新たな職員への感染は発生しておりません。
現在、職員の症状は軽く、保健所からの指導の下自宅にて療養しています。

新たに1月5日付で、聖マリアンナ医科大学病院の職員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
当該職員は発熱と咽頭痛を認め、PCR検査を実施したところ感染が確認されました。
濃厚接触者に該当する患者さんや職員はおりませんが、接触のあった患者さんには説明を行い経過観察しております。

本事例はこれまでご報告致しましたどの事例とも関連がない、新規発生例です。

皆様には、ご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止に全力で努めて参りますので、何卒ご理解のほどをよろしくお願いします。


 

2021年1月6日
聖マリアンナ医科大学病院
病院長 大坪毅人