お知らせ

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第9報)

今般、聖マリアンナ医科大学病院の職員から、新型コロナウイルス感染症が発生したことが、11月16日に確認されました。

当該職員は、11月11日に発熱の症状があり、PCR検査を実施して陰性を確認しておりました。まもなく解熱したことから業務に当たっておりましたが、その後、味覚障害を認めたため、再度PCR検査を行ったところ陽性の結果でした。

現在、当該職員の症状は軽く、自宅にて療養しています。また、当該職員と濃厚接触があったとみられる職員7名に対して、PCR検査を実施し自宅待機としたうえで経過をみています。患者さんには濃厚接触者にあたる方はおりませんが、接触があった方には経過をみていただくようにご説明しています。

皆様には、ご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止に全力で努めて参りますので、何卒ご理解のほどをよろしくお願いします。

 

2020年11月16日
聖マリアンナ医科大学病院
病院長 大坪毅人