ページ内を移動するためのリンクです。
ナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

センター概要

センター長ご挨拶

医学教育・診療・研究の三位一体の知財戦略を推進します

 高齢化社会を迎え、より高い日常生活活動性を維持し、健康で活力に満ちた社会を育むため、医科大学に求められる主題・使命のひとつに「これまでにない独創的で、新規性の高い有効な医療の開発」があることは自明であります。
 本学では、医学教育・診療・研究活動を通じた社会貢献に加えて、その活動成果としての知的財産を、産・官・学連携を通じて活用し、主体的かつ積極的に社会還元することを目的として知財事業推進センターを運営しております。こうした教育・診療・研究の三位一体となった活動によって、これまでにない全く新しい治療法や医療技術が生み出され、社会に大きな発展をもたらすことを期待しております。
 このためには、本学の有する研究成果、知的財産、研究設備、そして人的資産である学部生・大学院生・全教職員の活動といった全てのリソースを結集するとともに、産官学連携を組織的に推進する体制のさらなる整備と向上が求められています。こうした取り組みは、学内の既存のフレームワークを基盤としつつ、有機的かつ横断的に連携し進められていくべきであると考えます。いうまでもなく、研究者、研究グループとしての連携は、大学内に留まらず、国内外の研究機関と建設的な関係を構築し、かつ、可能な限り早急に医療の現場で貢献できるよう、文部科学省、厚生労働省をはじめとする公的機関や企業を包括した産・官・学連携を世界的視野で展開していく段階にあります。
 本学知財事業推進センターでは、研究成果の明確化を行い、知的財産の創出とともに、その活用のための導出に積極的に取り組み、研究成果が一刻も早く社会還元され有効に活用されるべく、医学教育・診療・研究の三位一体の知財戦略を推進してまいります。

知財事業推進センター長 遊道 和雄

学外・学内へ発信し人を育て、物を作り、技術を提供する

 本学は理事長以下知財事業に理解があり法人全体としてその推進に取り組み、我が国の医科大学の中で先駆的に取り組み成果を上げてきた。知財事業は本学研究者の発案した新しい研究成果を発明、特許に結びつけ最終的に成果物として世に出すものであるがそのプロセスは複雑で研究者個人の努力ではハードルの高い業務である。そのため本学では知財の技術移転機関としてMPO株式会社と法人契約し、知財の発掘、特許取得に係る諸業務、企業とのマッチングなどを代行し研究者を支えている。一方、本学の難病治療研究センターは古くから創薬や薬剤のdeliveryに関して製薬企業と共同開発に取り組んできたことも本学の強みである。また最近では医療機器分野でも複数の診療科で産学連携プロジェクトが進行している。医療機器には手術やIVRなどに用いる道具の開発から先端医療機器やそのソフトウエア開発まで幅広い。この分野では個々の成果をパッケージ化して社会に受け入れやすい形にするアイデアが必要である。またこれからの医療においてAIとICTはなくてはならない研究分野で今後ますます大きな分野となることが予想される。創薬に強みのあった本学が今後は医療機器やICT分野の技術革新においても各企業と共同研究を進め知財としての成果物となりうる革新的な研究に期待したい。

知財事業推進副センター長 中島 康雄

↑ このページのTOPへ