IVRについて

局所進行乳がんに対する治療法

局所進行乳がんに対する新しい治療法
皮下埋め込み型リザーバー鎖骨下動注化学療法
Redistributed subclavian arterial infusion chemotherapy (ReSAIC)


局所進行乳がんについて

 乳房からわきの下にかけて大きな塊を形成する乳がんは、局所進行乳がんと呼ばれます。局所進行乳がんは腫瘍からの出血や疼痛を来たし、日常生活を妨げる大きな要因になります。また局所進行乳がんは発育速度が早く、別の場所に新たな病巣(遠隔転移)を来たしやすいため、外科的手術が困難となることが多いです。
 一般的な治療法としては、静脈からの全身への抗がん剤投与(全身化学療法)とされています。しかし、この治療法に効果を示さない場合や、副作用に耐えられない場合は、治療継続が困難となります。


動注化学療法

 抗がん剤を静脈ではなく、動脈から投与する方法を動注化学療法と言います。がんが体の一部分に限局している場合は、がんを栄養している動脈から抗がん剤を投与すると、静脈から全身に抗がん剤を投与するよりも、がんには何倍も濃い抗がん剤が作用することになります。そのため動脈投与されたがんの縮小効果は、静脈投与に比べ、より短期間に、また顕著に現れます。さらに全身に流れる抗がん剤の量が少なくなるので、脱毛などの副作用が減少する可能性もあります。 しかし、別の場所の病巣(遠隔転移)には抗がん剤が到達しませんので、効果は現れません。
 進行乳がんに対する動注化学療法は、以前から行われていますが、あくまで腫瘍を一時的に小さくするための補助的な治療法として用いられていました。
 


皮下埋め込み型リザーバー鎖骨下動注化学療法とは

 従来の動注化学療法で進行乳がんを治療する場合、主に足の付け根の動脈(大腿動脈)から細い管(カテーテル)を入れて、がんを栄養する動脈分枝を見つけ出し、その血管までカテーテルを進めて抗がん剤を投与します。しかし、進行乳がんは図1に示すように、様々な動脈から栄養を受けています。これらの血管全てに抗がん剤を投与することは困難であり、また一度の治療で治ることが少ないため、何度も繰り返して行わなければなりません。そのたびに入院が必要となり、患者様にも大きな負担がかかっていました。



 そこで、当施設ではこのような問題を克服するために、皮下埋め込み型リザーバー鎖骨下動注化学療法を独自に開発しました。様々な栄養動脈が分岐する鎖骨下動脈内に、腕からカテーテルを留置してリザーバーという小さな器具に接続し、上腕もしくは前腕の皮膚の下に埋め込みます。カテーテルとリザーバーを埋め込むことにより、皮膚の上からリザーバーに針を刺すだけで、動脈に抗がん剤を投与することができるようになります。リザーバーを留置しても日常生活にはほとんど制限がかかりません。大きな利点は、埋め込んだ後は外来通院で動注化学療法を受けることができることです。
 



皮下埋め込み型リザーバー留置方法について

 リザーバーを埋め込み留置するにあたり、リザーバーから抗がん剤が良好に進行乳がんに到達するため、行わなければいけないことが二つあります。
 まず一つは、進行乳がんを栄養する内胸動脈という最も内側の動脈に対して、金属コイルおよびヒストアクリルという液体塞栓物質を用いて血管を詰めて閉塞させることです(動脈塞栓術)。この塞栓術により、栄養動脈はほとんどすべて鎖骨下動脈から栄養されるようになります。 ここで用いられるヒストアクリルは、皮膚の接着剤として外科手術などで使用される薬で、本来は血管内に投与することが出来ない薬ですが、この接着作用を逆に利用して血管を閉塞させます。当施設ではすでにこれらの薬剤使用について充分な実績があり、使用については、倫理審査委員会の許可も得ております。

 2つ目は、腕から細いカテーテルを鎖骨下動脈内に入れます。このカテーテルをリザーバーと接続して、上腕もしくは前腕部の皮膚の下に埋め込みます。これでリザーバーシステムの留置は終了です。 
 なお、上肢(腕)の腫れが強い場合にはリザーバーの留置を安全にできない恐れがあるため、症例ごとにリザーバーの留置を行うか、通常の大腿動脈アプローチでの動注を行うか決定しています。


外来動注化学療法について

 リザーバーシステム留置後は、週1回の頻度で抗がん剤投与を外来で行います。投与の際は、上腕部に血圧測定用のマンシェットを巻き加圧して、1分間ほど腕の動脈血流を遮断しながら抗がん剤を投与します。1分間抗がん剤を投与した後は、加圧解除して30秒間ほど血流を再開させます。これを4~5回繰り返すとその日の動注が終了となります。週1回の抗がん剤投与にかかる時間は15分程度です。使用する抗がん剤はエピルビシン、フルオロウラシルなどです。
 


図4.外来での治療風景

期待できる効果

 外来通院で進行乳がんの栄養動脈への抗がん剤を投与することができ、これまでよりも長期間の治療継続が可能となります。効果には個人差が大きいですが、これにより腫瘍を小さくし、症状を抑えることが期待できます。
 


【症例1】

3ヶ月間の動注化学療法で腫瘍は著しく縮小しました。
その後、外科的切除を行いましたが、病巣にがん細胞の残存は見られませんでした。
1年9ヶ月経過する現在、腫瘍の再発は認められていません。


【症例2】

6ヶ月間の動注化学療法で腫瘍はほぼ消失しました。
その後、外科的切除を行いましたが、病巣にがん細胞の残存は見られませんでした。
1年6ヶ月間、腫瘍の再発は認められていません。


【症例3】 5ヶ月間の動注化学療法で腫瘍はほぼ消失しました。その後、外科的切除を行いましたが、病巣にがん細胞の残存は見られませんでした。 9ヶ月間、腫瘍の再発は認められていません。


予想される有害事象(副作用)

 すべての患者様に出現するというわけではありませんが、出現する可能性のある副作用について説明いたします。

1.リザーバー留置に伴うもの:
    内胸動脈塞栓術に伴う胸痛と発熱、皮膚障害、
    血管障害(腕の動脈血栓症による血流障害)、脳梗塞
2.抗がん剤治療に伴うもの:
    骨髄機能低下(白血球や血小板の減少)、吐き気、食欲低下、軽い脱毛
3.その他:
    リザーバー埋め込み部感染・出血、留置カテーテル・リザーバーの破損

 これらの副作用に対しては、あらかじめ予想がつく場合には、予防的な処置を講じます。しかし、治療中に出現した場合には、その副作用が可能な限り軽い症状で収まるように適切かつ最大限の対処を行います。本治療によるすべての副作用を予測することはできませんが、必要と考えられる検査を適宜行い、適切な処置を行うことで対処していきます。
 


治療時間、入院期間

 リザーバー埋め込み術にかかる時間は、60-120分間程度です。リザーバー埋め込み術においては、入院を必要とする場合が有ります。入院を要する場合でも、3~4日程度と短期間の入院で済みます。合併症が起きた場合にはその限りではありません。


これまでの実績

 当施設では現在までに、40人以上の患者様に埋め込み型鎖骨下動注化学療法による治療を施行しています。

 皮下埋め込み型リザーバー鎖骨下動注化学療法は、全身への抗がん剤投与が困難な患者様、または全身化学療法では効果が得られない患者様に対して効果が期待できる治療法です。


外来診療体制

 当院では、放射線科と乳腺・内分泌外科の連携診療体制を充実させ、術前術後における徹底した患者さまのケアを行っています。診察をご希望される方は、お手数ではありますが一度お電話していただけますよう、よろしくお願いいたします。また、治療方針や治療適応の判断にはこれまでの経緯と直近の検査の結果が必要です。初回診察の際には紹介状と各種画像検査を必ずお持ちください。

聖マリアンナ医科大学病院 放射線科 治療受付

神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
電話:044-977-8111(代表)(内線6108)