研修プログラム

市中病院と大学病院を自在にアレンジ

多摩病院は川崎市立の病院でありながら、聖マリアンナ医科大学が指定管理者として管理運営を行っている、全国でもまれな形態の病院です。プログラムは多摩病院ですが、希望に応じて大学病院での研修期間を設けることが可能です。このため、コモンディジーズを中心とした多彩かつ臓器専門科にとらわれない市中病院診療と、希望に応じ専門的かつ先進的な大学病院での医療の双方を経験することができます。
また、大学病院を中心としたネットワークの構築により、症例検討、カンフアランスや勉強会なども市中病院の枠を超えて実施しています。

総合的・全人的な医療を提供

市中病院である点を最大に生かした研修システム。

内科系は総合診療内科、呼吸器内科、代謝・内分泌内科を中心にした「多摩内科」を構成。さまざまな症状に対応し、必要に応じた専門家の処置を交えながら幅広く診療しています。また、神奈川県では数少ない日本プライマリ・ケア連合学会認定の後期研修プログラムを実施しており、将来プライマリケアや家庭医、開業医をめざす医師にとって貴重な研修が受けられます。
また、循環器内科、消化器・肝臓内科、腎臓・高血圧内科、神経内科は充実したスタッフのもと各々の専門性を生かし豊富な症例を検討する事ができます。

外科系医師を目指す医師にとって、日本外科学会による専門医取得は基礎的診療技術の習得の目安となっています。当院外科プログラムでは、3年間で認定医取得を目標としています。この研修は、外科医を志す臨床研修医が外科を標榜するために必要な基本的技術、および学問の習得ならびに大学病院の外科系診療科と連携して、自分のキャリアデザインに即した診療研修が行えるよう、柔軟に対応できるプログラムです。

より実践的な救急医療を知る

いわゆる一次・二次救急を中心とした救急車は年間4,500台余りを受け入れています。内因性、外因性ともにABCに始まる救急は当然押さえた上で、多様な症状に対する適切な診断、治療を行います。
初診患者と良好な医師患者関係を構築し、患者の背景までも配慮した医療を迅速に救急の現場で行います。サイエンスとアートの両者を必要とする、初期研修における救急ローテーションからさらに深化した救急医療が研修できます。
また、内科、外科を初め診療科の枠を超えた院内の連携のなかから専門各科の診療も学ぶことができます。いわゆる一次・二次救急であることから、今後開業や救急以外を専門と考えている方も一般的な症状の救急対応に自信がもてます。
さらに、大学病院との連携によって、より専門的な救急医療や集中医療の研修を受ける事も可能です。

総合診療内科

総合診療内科の特徴としては救急に強い総合診療医となれることです。当科は救急医との連携が強く、救急車対応も希望があれば可能です。(もちろん指導医もつきます。)救急対応では整形外科、外科疾患も多く来院されますので内科疾患だけではない総合的な対応力が自然と身につきます。
また、家庭医が立ち上げた総合診療科でもあるため、そのノウハウは現在も生きており、家庭医を目指しているけど総合病院で急性期疾患もしっかり学びたいという方にもおすすめです。
聖マリアンナ医科大学の関連施設であるため、常に研修医が2名、学生が2名研修しています。教育に興味のある方もお待ちしております。

消化器・肝臓内科

当科の特徴は、大学病院における限られた領域(上部、下部消化管、肝臓、胆道、膵臓、炎症性腸疾患、癌化学療法など個別)の研修とは異なり、消化器疾患の全般につき研修が可能な所です。
日本消化器病学会、日本肝臓学会認定施設であり、指導体制も充実しています。肝炎、肝硬変、肝癌を中心とした肝疾患全般の診療、消化管疾患の内視鏡診断・治療、胆道・膵臓の結石、腫瘍のドレナージ処置、各種消化器癌の化学療法、炎症性腸疾患の治療など幅広い疾患が経験できます。
また、当院の特徴とも言える緊急の入院、処置が必要となる消化器疾患を数多く診る事ができます。さらに各領域に興味がわけば、大学病院での専門性の高い研修が可能です。是非、疾患としての頻度が高い消化器疾患を全般的に経験する後期研修をおすすめします。

腎臓・高血圧内科

診療内容

当科では、腎疾患全般と高血圧を主な対象としています。
具体的には、初発および再発の慢性腎炎やネフローゼ症候群の診断と治療、急性腎不全の診断と治療、慢性腎不全の初期から末期における保存的治療、末期腎不全患者の腎代替療法の選択と導入、外来維持血液透析患者および外来腹膜透析患者の管理と合併症治療、透析アクセス狭窄に対するカテーテル治療などを行っています。
特に腹膜透析は、その患者におけるメリットに着目して開院以来積極的に導入を進めており、現在県下でも有数の患者数を擁しています。
また、腎移植は当院では行っていませんが、聖マリアンナ医科大学病院と連携してスムーズな紹介が可能です。
 

研修内容

当科での後期研修では、入院患者および維持透析患者を選択的に一定数割り当て、指導医および他のスタッフと連携して実地に診療を行う中で、腎疾患・高血圧や末期腎不全の具体的な診療手順を身に着けていただきます。
また、当科では下記のような内科の中でも比較的多様な手技を経験し習得することができます。

  • 透析アクセス作成手術(手術室、局所麻酔)
  • 腹膜透析カテーテル関連手術(手術室、麻酔科管理)
  • 透析アクセス超音波診断(腎センターまたは病棟、ベッドザイド)
  • 透析アクセスカテーテル治療(血管撮影室)
  • 超音波ガイド下経皮的腎針生検(病棟)
  • 腎生検病理標本観察、診断(腎センター顕微鏡室)
これらの手技には、担当患者以外の場合でも積極的に参加する事を推奨しています。