先輩からのメッセージ

メンターの存在がメンティの心のよりどころです。 

多摩病院では新人看護職員の実施指導者を「メンター」、新人看護師を「メンティ」とし、確実な技術習得へのサポート体制を実践しています。

メンターからメンティへ

入職当初は分からないことが多く、表情からも不安が伝わっていました。しかし、分からないながらも自分で患者さんの状態をアセスメントし、先輩に相談する姿が多く見られました。日々学んだことを自分の力として吸収し、半年たった今では、入院や手術患者の受け持ちができるように成長し頼もしく感じています。日々の看護の中で学びの場面はたくさんあると思います。今後も1つ1つの経験を大切にし、自分の成長へと繋げていってくれることを期待します。
メンター(指導者)

メンティからメンターへ

入職して半年が経ちました。初めは戸惑う時もありましたが、少しずつ業務の流れをつかめるようになりました。メンターさんから「1つ1つの確認が患者さんの安全へ繋がる」と教えていただき、報告・連絡・相談を意識して行動しています。日々の疑問や悩みに対し先輩の方々から多くのアドバイスをもらうことができます。また業務中も困っている時にやさしく声をかけて下さいます。メンターさんをはじめ先輩の支えが心強く“もっと頑張ろう”という思いになり、仕事に取り組むことができています。これからも感謝の気持ちを忘れず、明るく元気に頑張ります。
メンティ(新人)