各部署のご紹介

看護単位の構成

-多摩病院の施設をご案内致します-
クリックするとスライドショーが再生されます。

病棟のご紹介

6F西病棟

6西すずらん病棟は、整形外科を主科とし、総合診療内科、形成外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科の病棟です。それぞれの特性に合わせた疾患看護と、外科手術や急性期看護、老年期看護が学べます。また、多職種との連携を図り、早期退院に向けた調整や退院後の生活を考えたサポートに力を入れています。明るく楽しい病棟です。

6F東病棟

6東はなみずき病棟は、消化器外科を主科とし、泌尿器科、消化器内科の病棟です。手術や入院を初めて経験する患者さんでも安心していただけるように、クリニカルパスを効果的に活用して手術前後の看護を提供しています。医師・薬剤師・看護師等との多職種連携、院内の緩和ケアチーム・NST等の専門チームとの連携を強化し、最善の医療・看護を提供できるように努めています。

5F西病棟

5西ひなげし病棟は、脳神経外科、耳鼻科、歯科口腔外科を主科とした病棟で、亜急性期の全身管理から患者個々のQOLを考えた看護を実践しています。医師・コメディカルとのチームワークを大切にした明るい雰囲気の病棟です。固定チームナーシングにより患者・家族に寄り添った個別性のある看護を提供できるようにチーム一丸となって頑張っています。

5F東病棟

5東こすもす病棟は、代謝・内分泌内科、呼吸器内科、神経内科、消化器内科、腎臓・高血圧内科、総合診療内科の病棟です。代謝・内分泌内科では、糖尿病教室を開催して糖尿病患者さんが糖尿病に関する病状・治療法、日常生活に必要な知識や注意点等の習得につなげています。呼吸器内科では、化学療法看護や緩和ケアを提供しています。内科系の多岐に渡る疾患の看護を学ぶことができる病棟です。

4F西病棟

4西あやめ病棟は、消化器肝臓内科を主科とした病棟です。消化器疾患では、内視鏡の最先端治療を学ぶことができます。幅広い内科疾患に対応し、よりよい看護を提供できるように努めています。チーム医療の充実に力を入れて、日々、患者さんにとって良い事を考え頑張っています。

4F東病棟

4東すみれ病棟は、循環器内科、腎臓高血圧内科を主科とする内科系病棟です。循環器内科では、心臓カテーテルによる冠動脈疾患・不整脈の検査及び治療を行っています。心電図に関する学習を重ね、異常の早期発見・対応に努めています。腎臓・高血圧内科では、腎臓病の理解と日常生活についての教育、そして透析導入となった方に社会復帰のための看護を実践しています。

3F西病棟

3西ひまわり病棟は、産婦人科の病棟です。医師・助産師・看護師・薬剤師とチーム一丸となって、女性のライフサイクルに合わせた医療・看護を実践しています。自然分娩や母乳育児、外来での助産師指導をはじめ母親学級や赤ちゃん同窓会にも力を入れています。また質の高いケアを提供するために定期的に勉強会を開催し、医師と共にロールプレイを行っています。

3F東病棟 一般

3東一般たんぽぽ病棟は、泌尿器科、総合診療内科の19床の病棟です。周手術期看護から緩和ケア、終末期看護、老年期ケアを提供できる病棟です。入院患者さんの年代層も多岐にわたっており、『その人らしさが輝ける看護』を目指しています。病床数が少ない利点を活かし、医師、コメディカルと連携し、患者さん、ご家族との関わりを大切にしています。

3F東病棟 小児

3東小児たんぽぽ病棟は、地域支援型病院として小児救急医療を提供しています。地域に密着し、信頼を寄せて頂けることを目標に医師、保育士、コメディカルと連携し、看護の提供を行っています。在院日数が短いため、早期に患児・家族のニーズをキャッチし、安心して入院生活が送れ、退院後も健康に過ごせるよう、退院指導と育児に関する指導の充実を図っています。

手術部

手術室では、整形外科、泌尿器科、消化器外科、脳神経外科、眼科を中心に全科対象として、年間約3100件の手術を行っています。チーム医療の実践と安全な医療の提供を目標に、緊急手術にも24時間対応しています。急変時の対応強化に取り組み、麻酔科、各科医師と協力して、急変時シミュレーション・ビデオ学習を定期的に行い、知識と技術の向上に努めています。

腎センター

腎センターは、透析療法を行っている部門です。血液透析だけでなく、特殊浄化療法や外来腹膜透析も行っています。専門的治療を学習する機会が多く、やりがいにもつながっています! スタッフの多くは子育て中のママさんですが、「やれることをやれる人が!」をモットーに皆で明るく、協力しながら仕事をしています。

外来診療部門

外来は、様々な症状で来院される患者さんが安心して受診できるよう、臨床経験が豊富な看護師による優先診療の判断や、適切な診療科へのトリアージを行っています。26診療科に関わることにより、様々な介助・処置等の経験を積むことができます。ライフステージにあった働き方やキャリアアップができる部署です。

救急災害医療センター

救急災害センターは、突発的な症状で搬送・来院される患者さんが安心して受診ができるよう、24時間365日救急医療を提供しています。専門分野を超えて医師・看護師・臨床工学技士などで治療にあたります。また、チームの中で看護の役割をさらに発揮できるよう、急変時シミュレーションや症例検討を通して質の向上を目指しています。

画像・内視鏡

画像・内視鏡は、CT室・MR室・透視室・血管室・内視鏡センターで多種・多様な検査・治療を行っています。安全・確実・スムーズに検査・治療が行われるように、医師・コメディカル・病棟との連携・協力を図っています。患者さんの安楽・安心につながるケアが提供できるように、内視鏡技師免許・インターベンションエキスパートナース免許等を取得し、知識・技術の向上に努めています。

治験管理室

治験管理室では医薬品の臨床試験の実施の基準に関するGCP(省令)に則した科学的、倫理的及び信頼性のある治験を実施しております。新しい薬を開発するための臨床試験に患者さんが安心して参加できるように、治験についての説明と来院時のフォローアップなどをCRC(臨床研究コーディネーター)が行っています。
室  長:鈴木 通博(病院長)
副室長:今野 雄介(腎臓・高血圧内科 副部長)
C R C:柏熊 留里子(看護師/臨床薬理学会認定CRC)

看護相談

看護相談では、外来患者さんへの予約検査説明、クリニカルパスの外来から入院までの説明と、入院患者さんへの退院支援を行っています。患者さんが不安なく検査や入院治療に臨め、安心して退院できるよう支援しています。個別性に合ったきめ細やかな対応ができるよう心掛けています。

Windows Media Player の入手
※wmvファイルの閲覧は、Windows Media Playerが必要です。ダウンロードはこちらから無料で行えます。