患者の皆さまへ

患者の皆さまへ

外来のご案内

聖マリアンナ医科大学病院眼科の診療方針
 
    当院の眼科では、様々な眼疾患の正確な診断とより良い治療を一貫して行うことをめざして診療を行っています。一般的な角結膜疾患、白内障、緑内障、網膜硝子体疾患をはじめとして、これらの疾患がいくつか併発しているような難しい症例に対する併用手術なども積極的に行います。
 
聖マリアンナ医科大学病院眼科の外来診療体制
 
 
一般外来診療は月~土の午前(受付時間は8時30分~新患11時まで、再診11時30分まで)に行っています。曜日ごとに教授、准教授、講師が外来主任を勤め、毎日5~6名の医師が外来診療を行っています。1日の外来受診患者数が250名を超えることもありますので、待ち時間の短縮の意味でも、予約外で受診される方は、紹介状をご持参の上で受診されることをお勧めいたします。いつも通院されているクリニックなどの医療機関があれば、その医療機関から当院に設置されているメディカルサポートセンターをとおして担当医師を指名した予約をとることが可能ですので、ぜひ、ご利用ください。


専門外来のご案内

聖マリアンナ医科大学病院眼科の専門外来のご紹介
 
 
当院では緑内障外来、ロービジョン外来、斜視・弱視外来、コンタクトレンズ外来、ぶどう膜炎外来、網膜硝子体外来の専門外来を設けております。専門外来への直接の受診は受け付けておりませんので、まず、午前中の一般外来を受診していただき、患者さんのご希望あるいは担当した医師が必要と判断した場合に専門外来の予約をお取りすることになります。以下にそれぞれの専門外来についてご説明させていただきます。
 
 
緑内障外来
担当医師    徳田直人     塚本彩香   豊田泰大 (月)
                       北岡康史   (水)
コメント      月曜日の午前・午後と水曜日の午後に行っています。当院の緑内障外来は、原則として手術が必要と思われる重症な患者さんと厳重な術後管理が必要な患者さんを対象に行っております。また、当専門外来ではさまざまな最新の診断装置を使用して検査しておりますので、診断に苦慮するような症例やsecond opinionなどの紹介患者さんについてもできる限り対応できるよう努力しております。お気軽に一般外来の担当医師にご相談いただければと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ロービジョン外来
担当医師       
コメント     水曜日の午後に行っています。ロービジョンとは糖尿病網膜症、緑内障、網膜色素変性などの病気により、治療を行っても残念ながら視力や視野などの視機能の回復が困難な状態であることを言います。このような患者さんに対してのカウンセリングや拡大鏡・拡大読書機などの補助器具の紹介などを行っているのがロービジョン外来です。受診を希望する患者さんはお気軽に一般外来の担当医にご相談ください。

 
 
 
 
小児・斜視・弱視外来
 担当医師   畑 真由美                                                   
 コメント    水、木曜日の午後に行っています。当院の斜視・弱視外来では、斜視の手術が必要な患者さんや集中的に経過観察が必要な弱視の患者さんを対象に視能訓練士と協力して検査および訓練を行っています。斜視・弱視の患者さんは子供が多いため、まずはご両親と治療方針についてよく相談しご理解を得ることから始めています。斜視手術については年間10件程度ですが、しっかりとした術前の検査のデータをもとに慎重に1症例ごとに視能訓練士と症例検討し、矯正量を決定して手術に臨んでいます。当外来は完全予約制ですので、まずは、一般外来を受診の上で担当医師にご相談ください。                                                                                                      
 
 
 
 
コンタクトレンズ外来
担当医師   松澤亜紀子 
コメント    第2週の木曜日の午後に行っています。この専門外来では、基本的には円錐角膜や不正乱視などの患者さんに対する治療用のハードコンタクトレンズ処方と経過観察を行っています。また、通常のコンタクトレンズ装用の方でも、トラブルが多い患者さんについては専門外来に受診することは可能ですので、一般外来を受診の上で担当医にご相談ください。

 
 
 
ぶどう膜炎外来
担当医師    河越龍方
コメント        木曜日午前に診察しております。まずは初診外来にかかっていただき、その後必要に応じて当外来に受診していただきます。
   サルコイドーシス、Vogt-小柳-原田病、ベーチェット病をはじめ、様々な疾患がぶどう膜炎を引き起こします。原因検索のために、血液検査、蛍光眼底造影検査、CT、MRI、シンチグラフィー、房水検査などをおこないます。それでもなお原因不明のことも多い疾患です。
       全身疾患を疑った場合や、TNFα阻害薬など全身治療が必要な場合は、当院内科および小児科と連携して治療していきます。
            ぶどう膜炎により緑内障や硝子体混濁を引き起こすことがあり、その際には当院緑内障外来、網膜硝子体外来と連携して治療していきます。
            ぶどう膜炎の重症度は様々で、重症な方は再発を繰り返し経過が長くなることも少なくありません。患者様の不安をできる限り軽減できるよう分かりやすく説明し親身に治療をしていくよう心がけています。

 
網膜硝子体外来
担当医師   高木 均 
コメント    当科で行われる網膜硝子体手術は糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑変性、網膜剥離、硝子体出血などを始めとして、網膜硝子体疾患全般に渡っています。特に、視力にとって最も大切な黄斑部網膜の疾患に対する硝子体手術に力を入れており、23,25ゲージの小切開手術により、低侵襲、短時間手術により早期視力回復、社会復帰が可能となっています。加齢黄斑変性に対しては最新型の光干渉網膜断層撮影装置、フルオレセイン蛍光眼底造影による正確な診断のもと、抗VEGF治療薬を中心とした治療を行っております。
糖尿病網膜症は当科では特に重症例が多く、硝子体手術により多くの患者様が日常生活を維持できる視力まで回復できるようになっています。また糖尿病初期の患者様にも内科医との綿密な提携のもと、網膜症の変化を逐次経過観察していき、必要な場合はレーザー光凝固を施行しております。
網膜剥離に関しましては最難症例から軽症例まであらゆるタイプのものに対応できるようになっております。難症例ではパーフルオロカーボンを使用して好成績を残しております。他院で手術不可能といわれたにもかかわらず当院にて治癒した例もあります。基本的に硝子体手術にて対処し、症例に応じて従来からの方法(強膜内陥術)も行っています。入院期間は目安として約2週間です。
 
 

※専門外来は午後(一部 午前)に行なっています。

 
 


附属病院のご案内