地域連携

地域連携

聖マリアンナ医科大学病院は、特定機能病院として地域の中核を担うとともに、大学病院ならではの使命である高度医療の実践や、医療人の育成、研究機関としての役割を果たしていきます。

特定機能病院として―地域医療の中核を担う聖マリアンナ医科大学病院

高度先進医療の推進と病診連携(地域の一般病院、診療所などと密接に結びついた医療ネットワークづくり)を目指し、平成5年度より大学病院を対象に承認が進められた特定機能病院。聖マリアンナ医科大学病院では同年11月26日に承認を受け、新たなスタートを切りました。
その目的は大学病院から一般病院・診療所、療養型の病院まで、それぞれの医療機関の機能を明確化し地域の方々により効率的な医療を提供することにあります。そして、その中核に位置するのが医師、看護師、薬剤師といった医療スタッフと最新の医療設備・機器が充分に確保されている特定機能病院なのです。一般病院からの紹介患者さんの比率を高めることで、大病院につきものとされている"3分間診療"を改めると同時に、高度医療に伴う、人員的・設備的負担を一般病院に課すことなく地域ぐるみでひとつの医療ネットワークを構築する。それは言うまでもなく、患者さんがより良い環境で適切な診療を受けられる医療システムを意味しています。
もともと地域との結びつきが伝統的に強く、近隣住民の方々からも厚い信望を集めています。今後はその心ある医療を継承する一方、医療ネットワークの中核となる特定機能病院として、さらに大きな視点から地域医療に貢献してゆくことを目指しているのです。